タバコを吸うADHDの人が知っておくべき4つのこと

ADHDの人に喫煙者が多いのは有名です。

タバコがADHDの症状を和らげるように思えるのが理由のひとつのようです。

しかし、もちろんタバコは体によくありません。そこで、喫煙者のADHD人が知っておくべき4つのことを紹介します。

1.「ADHDの喫煙者は2倍」

ADHDの喫煙者は、ADHDではない人に比べて2倍です。そして、禁煙できる人は少ないのが現状です。

ニコチンは、短い時間ですが、集中力を高める助けになります。考えられる限りでは、これがADHDの人に喫煙者が多い理由のようです。

また、ADHDの人たちは、タバコを吸うと落ち着けるとも考えています。しかし、研究では逆に多動性が悪化することがわかっています。

2.「ADHDの治療薬、メチルフェニデート(コンサータ)は、ADHDの喫煙者が禁煙する助けになる」

メチルフェニデート(コンサータ)は(ADHDの症状にもよりますが)、禁煙を助ける可能性があります。

2005年と2008年の間で、この仮説を元にテストが行われました。その結果、メチルフェニデート(コンサータ)でADHDの症状を減らすことにより、禁煙が成功する事例が増えました(ニコチンパッチを使用しての行動カウンセリング)。

また、テストの結果を分析したところ、「ADHDの症状が重い喫煙者」のほうが、「ADHDの症状が比較的軽い喫煙者」よりも、メチルフェニデート(コンサータ)が効果的に作用することがわかりました。

さらに、「注意力に問題のある人」のほうが、「多動性の問題がある人」よりも、メチルフェニデート(コンサータ)が効果的に作用することもわかりました。

メチルフェニデート(コンサータ)に関してはこちらの記事も参考になります。

ADHDに効果のある薬、「コンサータ」と「ストラテラ」とは?
ADHDの治療薬、コンサータとストラテラの副作用とは?

3.「禁煙したからといって、不安やうつ状態にはならない」

喫煙者の多くは、タバコで不安を減らせると考えています。喫煙者が町に出て最初にするのはタバコを吸うことです。これが喫煙者がタバコを止めるのを恐れる理由の1つです。

また、過去の研究では、禁煙の副作用としてうつ状態になることが指摘されていました。

しかし、最新の研究では、禁煙で気分が改善するか、変化のないことがわかっています。

また、ADHDの喫煙者の研究によると、禁煙に成功した110人に不安とうつ状態のサインが見られました。しかし、禁煙に失敗した145人にも、同じように、不安とうつ状態のサインが確認されたのです。

また、禁煙で不安が減少することもわかりました。しかも、その症状は禁煙を開始して1週間ですぐに表れ、禁煙の試みが終わるまで継続しました。

ただし、ADHDの喫煙者の中には、禁煙でうつ状態などの悪影響が出る可能性もあります。したがって、禁煙する際にはさらなるサポートが必要な場合もあります。

4.「ADHDの喫煙者は禁煙することができる。しかし一回では難しく、何回か行わないといけない」

ADHDの喫煙者は、失敗してもいいので、禁煙を何度も繰り返すことが大切です。

禁煙に成功した人は、何度も禁煙に失敗しています。失敗を繰り返すことで何がうまくいかないかを学んでいくのです。

また、禁煙に成功した人のうち、43%は行動カウンセリングとニコチンパッチを併用しています。

最新の「ニコチン鼻スプレー」も役に立ちます。ニコチンパッチは、肌を通ってニコチンが浸透するため、効果が出るまでに時間がかかります。しかし、スプレーは効果が出るのがとても速いのが特徴です。ただし、これらもニコチン中毒性の薬物であるため、頻繁な使用は控えるべきです。

またタバコに関してはこちらの記事も参考になります。

大人のADHDの二次障害としてタバコを吸い、ニコチン依存が生じる?

参考記事:Four Things People with ADHD Should Know About Smoking – Columbia University Medical Center

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2