ADHDに効果のある薬、「コンサータ」と「ストラテラ」とは?

現在日本でADHDに効果のある薬として承認されているのは、「コンサータ(メチルフェニデート塩酸塩徐放錠)」と「ストラテラ(アトモキセチン塩酸塩)」の2つです。

「コンサータ(メチルフェニデート塩酸塩徐放錠)」

Concerta ADHD medicin

コンサータ(メチルフェニデート塩酸塩徐放錠)」はドーパミンの再取り込みを防ぐことによって「不注意」「衝動性」「多動性」などの症状を抑える薬です。その効果は約12時間持続します。

コンサータは大人のADHDにも効果があるとして注目されています。

ただし、大人のADHDと診断された人のうち、コンサータを使って効果があるのは5割から6割くらいではないかとも言われています。

副作用もあり、「食欲減退」や「睡眠しにくい状態」「翌日に疲れが出る」などがあります。

「ストラテラ(アトモキセチン塩酸塩)」

ストラテラ」は大脳や脳幹といった中枢神経にはたらきかけて、精神活動を活発にしたり神経を覚醒させる作用をもつ薬です。

ADHDの症状である「不注意」「多動性」「衝動性」を改善する効果が期待できます。

ストラテラも大人のADHDに効果があるとされています。

主な副作用は「悪心」「食欲減退」「傾眠」「口渇」「頭痛」などがあります。