帯広に発達障害やHSPの治療を専門とするクリニックがオープン

北海道帯広市に、発達障害やHSPに力を入れるクリニックがオープンするそうです。

クリニック院長の長沼さんは、発達障害や発達性トラウマの診療に力を入れていて、さらに日本でも数少ないHSP(敏感すぎる人)の臨床医だそうです。

ようこそ!こちらはとかちむつみのクリニックです。
北海道帯広市の精神科クリニック、十勝むつみのクリニックのホームページです。当院では薬に頼らない治療を心がけています。

十勝で数少ない児童精神科専門医の長沼睦雄さん(60)=元道立緑ヶ丘病院勤務=が運営する「十勝むつみのクリニック」の施設が、帯広市西10南5で完成した。9月1日に診療を開始する。

長沼さんが院長を務め、児童も成人も診る。長沼さんは発達障害や発達性トラウマなどの診断治療に力を入れており、日本でも数少ないHSP(敏感すぎる人)の臨床医。

発達障害に力を入れるクリニックは日本でもまだ少ないと思うので、貴重ですね。さらにHSPの臨床医というのも珍しいと思います。

帯広には以前も発達障害者の就労拠点ができたというニュースがありました(北海道の帯広市に発達障害者の就労拠点「幸福村」が開村

帯広は、日本の中でも、発達障害の人たちの治療や就労の拠点になりつつあるのかもしれません。

クリニックのオープンは9月からだそうです。もしかしたら全国から問い合わせがるかもしれませんね。

またこのクリニックには10~30代の女性専用の民間自立ホーム(下宿)も併設しているそうです。7万円以下(食事込み)で女性の自立をサポートするそうです。

問い合わせ先は、クリニック(0155・21・2211)、自立ホーム(0155・67・6055)とのことです。

参考記事:発達障害の治療に力 来月クリニック開院 帯広


最新図解 大人の発達障害サポートブック (発達障害を考える心をつなぐ)

おすすめの就労移行支援
atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

発達障害
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました