北海道の帯広市に発達障害者の就労拠点「幸福村」が開村

北海道の帯広市で、発達障害のある人の就労支援拠点が作られたそうです。

幸福村
『人と人、人と自然のつながりを大切に』をコンセプトに、健康的で社会的な商品とサービスをお届けします。

この拠点で、発達障害者の人が無農薬ハーブの栽培や商品化、販売などを行うことができるそうです。

設立者の夫が発達障害者と診断され、設立者自身もうつ病を患った経験があるそうです。

就労支援拠点の名前は「幸福村」です。帯広市には「幸福駅」という名前の有名な場所がありますよね。それにかけているのでしょうか。

北海道の帯広市は自然も豊かで環境はとてもいいですよね。この幸福村の目の前も、広大な平原が広がっているようです。こんな場所で働く経験ができるのはとてもいいことだと思います。

発達障害などに関する取り組みを進めてきた「カンナ・カンナ」代表の三浦直美さん(40)=帯広=は、主に発達障害のある人の支えの場として、無農薬ハーブの栽培や商品化、販売などを行う就労継続支援B型事業所「幸福村」を帯広市幸福町基線159に立ち上げる。

同事業所での作業内容はハーブの栽培とティーバッグ作りの他、無農薬コーヒー豆を仕入れて焙煎(ばいせん)した上での製品化や店舗での接客など。商品はジャーマンカモミール5パック680円などを計画している。定員20人で、既に問い合わせもあるという。

参考記事:「幸福村」あす開村 発達障害者の就労拠点 帯広


発達障害者の就労支援ハンドブック

おすすめの就労移行支援
atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

発達障害
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました