ADHDの人は「アサーティブ」の練習が必要!?なぜADHDの人にアサーティブが重要なのか

ADHDの専門家によると、ADHDの人が健康的に生活するためには「アサーティブ」のスキルが重要です。

「アサーティブ」とは「他の人を傷つけずに、しっかりと礼儀正しく自分の意見を主張すること」を意味します。またアサーティブジャパンというサイトの定義は以下になっています。

「アサーティブ(Assertive)」の訳語は、「自己主張すること」。しかし、アサーティブであることは、自分の意見を押し通すことではありません。自分の要求や意見を、相手の権利を侵害することなく、誠実に、率直に、対等に表現することを意味します。

参考記事:アサーティブジャパン | アサーティブとは

日本では、特に自己主張をあまりしないことが美徳とされる部分があります。

しかし、自己主張をしないでずっといるとストレスがたまりませんか?特に、ADHDの人の場合は問題が多いようです。

スポンサーリンク

「なぜADHDの人にアサーティブが重要なのか」

ADHDの人が「アサーティブ」を学んだほうがいい理由の一つは、ADHDの人が怒りを爆発させるのを減らせるからです。

「怒り」はADHDの人に共通の問題です。アサーティブを覚えれば、怒りの爆発を減らせます。

また、多くのADHDの人は自分に自信がなく、周りの人を失望させていると感じます。そのため、自分の感情や欲求を抑えてしまいがちです。普段、ADHDの人は「自己犠牲」モードでいることが多いのです。

しかし、これは危険です。なぜなら、怒りは陰で徐々に成長していき、何かのきっかけで大きく爆発する可能性があるからです。

もちろん、怒りを爆発させない人もいます。しかし、そのような人たちは、代わりにうつや不安、停滞感を感じます。

もしアサーティブを練習して適切に自己主張ができるようになったら、怒りを爆発させたり、うつになることはありません。

「アサーティブを行うことで得られるメリット」

  1. どんな状況でも自己管理ができるという感覚
  2. 他の人とつながっているという感覚。怒ったり恐れたりすることなく
  3. ストレスの減少
  4. 身体的健康の増加
  5. 精神的健康の増加 例:うつ状態の減少
  6. 日常生活で関わる人との関係の改善
  7. 人と衝突することが減る
  8. 怒りを爆発させることが減る
  9. 自分と違う意見の人を認められるようになる
  10. 他人から無視されたり軽く扱われたりすることがなくなる

「アサーティブコミュニケーションのためのヒント」

「自分の感情をはっきりさせる」

コミュニケーションを開始する前に、今現在自分はどのように感じているのか、自分の感情をはっきりさせます。

ADHDの人の中には自分の感情に自信がない人がいます。「今感じている感情は本物なのかどうかわからない」そういう人もいます。アサーティブになるとは、自分の感情に自信を持つことでもあります。

「主語は「私」」

主語は「あなた」よりも「私」を使います。

他人を非難するのが目的ではなく、自分はどのように感じているかを伝えます。たとえば、「あなたのせいで~と感じた」ではなく、「私は~と感じた」とします。

「非言語的コミュニケーション」

非言語的コミュニケーションを使います。

相手の目をしっかり見つめたり、オープンな姿勢を相手にとったりします。

「はっきりした声で穏やかに」

はっきりした声で穏やかに話します。

叫んだり、怒ったり、ぼそぼそと話したりはしません。

「人の話を聞く」

他の人の話を聞きます。たとえ気に入らないことがあってもです。

「自分の欲求」を守る

アサーティブネスの目標の一つは、「自分の欲求(needs)」を他の人から無視されたり軽く扱われたりしないよう、しっかり守り要求することです。

アサーティブスキルの練習を始めると、何が自分にとって普通の状態かがわからなくなるかもしれません。恐れさえ感じるでしょう。しかし、最終的にはそれ以上のメリットがあるのです。

参考記事:ADHD and Assertiveness


それでも話し始めよう アサーティブネスに学ぶ対等なコミュニケーション

おすすめの就労移行支援
就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました