どこにも採用されなかった自閉症の男性がコーヒー店をオープン

不採用続きの自閉症の男性がコーヒー店をオープン

via:No one would hire this man with autism. He opened his own coffee shop and now hires employees with special needs

マイケル・コインさんは、自閉症とADHD、双極性障害を持つ男性です。

彼は21歳になった時、いくつもの仕事に応募しました。しかし、マイケルさんを雇ってくれる人は誰もいませんでした。

そこで、マイケルさんは自分で自分の仕事を作ることにしました。

彼は発達障害センターを通じてビジネスクラスを受講し、その後自分でコーヒーショップ「Red, White and Brew」を開きました。

スポンサーリンク

希望の光(beacon of hope)

マイケルさんは自分の店を障害のある人への「希望の光(beacon of hope)」と呼びます。そして、障害のある人を自分の店で雇いたいと考えています。

マイケルさんの母親シーラさんも、息子のビジネスが仕事探しに苦労している障害のある人の助けになることを望んでいます。

via:No one would hire this man with autism. He opened his own coffee shop and now hires employees with special needs

日本でも以前、発達障害の15歳の男の子がコーヒー豆の販売店を開いたことで話題になりました。

発達障害のある15歳がコーヒー豆の販売店をオープン
発達障害(アスペルガー症候群)のある15歳の男の子が、コーヒー豆の販売店をオープンしたそうです。 15歳という年齢がすごいですね。しかも高校にも進学しないそうです。 群馬県桐生市小曽根町の岩野響さん(15)が、自家焙煎ばいせんしたコ...

発達障害の人にとって、自分で店を開くことが「希望の光」の一つとなるのかもしれません。


15歳のコーヒー屋さん 発達障害のぼくができることから ぼくにしかできないことへ

参考記事:He opened his own coffee shop and now hires employees with special needs

タイトルとURLをコピーしました