どこにも採用されなかった自閉症の男性がコーヒー店をオープン

不採用続きの自閉症の男性がコーヒー店をオープン

via:No one would hire this man with autism. He opened his own coffee shop and now hires employees with special needs

マイケル・コインさんは、自閉症とADHD、双極性障害を持つ男性です。

彼は21歳になった時、いくつもの仕事に応募しました。しかし、マイケルさんを雇ってくれる人は誰もいませんでした。

そこで、マイケルさんは自分で自分の仕事を作ることにしました。

彼は発達障害センターを通じてビジネスクラスを受講し、その後自分でコーヒーショップ「Red, White and Brew」を開きました。

スポンサーリンク

希望の光(beacon of hope)

マイケルさんは自分の店を障害のある人への「希望の光(beacon of hope)」と呼びます。そして、障害のある人を自分の店で雇いたいと考えています。

マイケルさんの母親シーラさんも、息子のビジネスが仕事探しに苦労している障害のある人の助けになることを望んでいます。

via:No one would hire this man with autism. He opened his own coffee shop and now hires employees with special needs

日本でも以前、発達障害の15歳の男の子がコーヒー豆の販売店を開いたことで話題になりました。

発達障害のある15歳がコーヒー豆の販売店をオープン
発達障害(アスペルガー症候群)のある15歳の男の子が、コーヒー豆の販売店をオープンしたそうです。 15歳という年齢がすごいですね。しかも高校にも進学しないそうです。 群馬県桐生市小曽根町の岩野響さん(15)が、自家焙煎ばいせんしたコ...

発達障害の人にとって、自分で店を開くことが「希望の光」の一つとなるのかもしれません。


15歳のコーヒー屋さん 発達障害のぼくができることから ぼくにしかできないことへ

参考記事:He opened his own coffee shop and now hires employees with special needs

おすすめの就労移行支援
atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

ASD/自閉症/アスペルガー症候群
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました