ADHDの人は自然の中で過ごすと、ADHDの症状が改善する

川の流れ

ADHDの人は、自然の中で過ごしたいと思う人も多いのではないでしょうか。

実際、ADHDの人が自然の中で過ごすと、ADHDの症状が改善されます。

これは、アメリカのイリノイ大学が行った調査で明らかになりました。

調査によると、自然の中で20分過ごした人はADHDの症状が減少しました。

スポンサーリンク

ADHDの人が自然で過ごすのが良い理由

それでは、なぜ自然がADHDの人に良いのでしょうか?

専門家によると、自然の中に行くと、脳が休息して、リフレッシュできるからです。これが、ADHDの人が自然に行くと良い理由です。

都会に住んでいる人も、近くの緑のある公園に行って、リラックスしてみてはいかがでしょうか?

自然の中でできるおすすめの活動

以下は、ADHDの専門家が提案する、自然の中でできる活動の例です。

  • 散歩
  • 自転車
  • インラインスケート/スケートボード
  • 乗馬
  • 庭の手入れ
  • ハイキング
  • カヌー
  • 釣り
  • ランニング
  • 凧上げ
  • キャンプ
  • ガーデニング
  • 犬の散歩

近くに自然がないという人もいるでしょう。そういう人は週末だけでも、自然のある場所に行くようにしたほうがいいかもしれません。大切なのは、自然に触れることを生活の一部にすることです。

もしどうしてもできないという人は、自然の映像のDVDを見たり、自然の音を聴くだけでもいいかもしれません。私も疲れたときは自然音を良く聴いています。

また「外に出ること」が重要なのではなく「緑の多い自然の中で過ごす」ということが重要です。ただ外に出たからいいというわけではありません。

小屋暮らしブームも

さらに最近は若者の間で「小屋暮らし」(対人関係苦手な人は憧れるかも?自作小屋に住む人たち・・)や「山奥ニート」(対人関係が苦手な人は「山奥ニート」がおすすめ?)もブームですね。

自分で小さな小屋を作り、そこに住んでしまう人が増えているようです。中には発達障害の人もいるようです。

私も将来的に小屋暮らしをしたいなと思っています。それをメインの住居としなくても、週末に過ごせる家みたいな感じにできたらいいなと思います。

参考記事:Nature and ADHD

おすすめの就労移行支援
atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました