ADHDをテレビゲームで診断 研究者が提案

ゲームをする女性

テレビゲームを使用してADHDの症状を特定し、不注意の重症度を評価することを提案する論文が『Brain Sciences』に最近発表されました。

この研究は、ヒメネスディアス財団病院(スペイン)の精神科ユニットと、ADHDと診断された8歳から16歳までの32人の子どもたちが共同して実施されました。

ゲームでは、プレイヤーが「アライグマ」を操作し、18のステージで180個の「穴」をジャンプして回避します。

研究者は、ADHDの不注意タイプと診断された子どもは、その症状のためゲーム中にジャンプでミスが多いという想定をしています。

診断でテレビゲームを使用することの良い点は、客観的に診断できる点です。

加えて、診断はたった7分で完了するため、診断に要する時間が大幅に削減できます。また特定の機器も必要としないため、費用も大幅に節約できます。

また、コンピュータ、タブレット、モバイルデバイスを使用してリモートで診断ができます。特にコロナ禍のこの時期には大きなメリットです。

スポンサーリンク

まとめ

現在、ADHDの診断は、主に医療専門家の観察スキルに依存しています。

そのため、今回の論文で提案されている診断方法の開発は、より客観的な診断が可能だと考えられます。

また、早期診断に有利に働き、したがってこれらの患者の予後を改善する可能性があります。

加えて、短時間で行え、コストも少なく、リモートでも行えるというのは大きなメリットだと思います。

日本でもADHDの診断を受けるのに多くの時間がかかることが多いので、このような診断方法が実用化されると良いと思います。

参考記事:Researchers use a video game to identify and evaluate the degree of ADHD


発達障害サバイバルガイド――「あたりまえ」がやれない僕らがどうにか生きていくコツ47

タイトルとURLをコピーしました