ADHDの人は「ガスライティング」の被害に遭いやすい!?対策は?

ガスライティングは、心理的虐待の一つです。

ガスライティングの加害者は、被害者に繰り返しウソをついたり、被害者の現実認識を否定し、被害者が自分自身を疑うように仕向けます

ADHDの人は、このガスライティングの被害に遭いやすいです。なぜ被害に遭いやすいかというと、ADHDの人は自尊心が低く、人間関係が苦手で孤立しやすいからです。

スポンサーリンク

ガスライティングの加害者の行為

ガスライティングの加害者がよくする行為です。

  • 自分のことは棚に上げて、悪いのは被害者だと非難します
  • 「(被害者が)他人によく思われていない」と言います。
  • 被害者を理想化し、それから被害者の価値を下げ、最後に関係を捨てます。

職場でも、上司や同僚が被害者がADHDであるという事実を利用して、ガスライティングを行うことがあります。

たとえば、ADHDだから忘れたのだとか、仕事に真面目に取り組んでいないなどと非難することがあります。

ADHDの人が被害者となる理由

ある調査によると、ADHDの子どもは定型発達の子どもと比べて、12歳までに20,000以上の否定的な言葉を言われるそうです。その結果自尊心が低くなります。

さらに、ADHDの人は友だちや人間関係を作るのが苦手で、孤立しやすいです。

ガスライティングの加害者は、他人の弱さに敏感です。孤立を感じている人を狙います。

その結果、加害者のターゲットになりやすいのです。

加害者から逃げる方法

一切の連絡を絶つことが大切です。友人や家族に送られたメッセージも聞かないようにします。

メンタルヘルスの専門家に相談するの大切です。

ADHDを改善するための計画を立て、健康的な関係を作れる相手と付き合います。

また、低い自尊心を高めることも重要だと思います。自尊心については以下の記事も参考になります。

ADHDの人が「自尊心」を高めるための5つの方法
「自尊心」というと、日本人はあまりピンとこないかもしれません。 海外と違い、日本ではそれほど自尊心が重要なものだと思われていないからです。 しかし「自分を愛することができて初めて他人を愛することができる」と言われるように、自分に...

参考記事:The Gaslighting Risk: Why Adults with ADHD Are Particularly Vulnerable to ManipulationWhy Women With ADHD Are More At Risk Of Gaslighting & Coercive Controlガスライティング


ADHDの教科書(6冊合本)生きづらい。息苦しい。それでも前向きに生きたいあなたへ3つのステップ。

おすすめの就労移行支援
就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました