妊娠中に「アセトアミノフェン」を使用すると、子どもが自閉症、ADHDになりやすい!?

薬「アセトアミノフェン」は、妊娠中でも安全と言われる数少ない「痛み止め」です。

しかし、最新の研究で、「アセトアミノフェン」が必ずしも安全な薬ではない可能性が出てきました。

Acetaminophen use in pregnancy linked to autism, ADHD in offspring
Researchers find children born to mothers who used acetaminophen during pregnancy may be more likely to develop symptoms of autism or ADHD.

研究者によると、妊娠中にアセトアミノフェンを使用すると、子どもが自閉症やADHDになる可能性が高いそうです。

これはスペインのバルセロナにある環境疫学研究センター(CREAL)の研究者による研究で明らかになりました。

妊娠中の女性2,644人が参加し、研究調査が行われました。

スポンサーリンク

アメリカでは半分以上の女性がアセトアミノフェンを使用

アセトアミノフェンは、「パラセタモール」の名前でも知られている薬です。妊娠中、最も一般的に使用される市販薬です。アメリカでは約65%の女性がこの薬を使用しています。

日本でも解熱剤や鎮痛剤などで、アセトアミノフェンを使用した市販薬は数多くあります。

研究者によると、なぜアセトアミノフェンが胎児の脳の発達に影響するのかについては、さらなる研究が必要だと結論付けています。

さらなる研究が必要

この発見は妊娠中の母親を心配させるかもしれません。

しかし研究者の中には、この結果にはまだ明確な根拠がないため、薬の心配をしなくても良いという人もいます。

どちらにしても今後のさらなる研究が期待されます。

参考記事:Acetaminophen use in pregnancy linked to autism, ADHD in offspring


薬を飲ませる前にできるADHDの子どもを救う50の方法

おすすめの就労移行支援
就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

ADHDASD/自閉症/アスペルガー症候群
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました