落語家の「柳家花緑」さんが発達障害を告白。本も出版。

対人苦手リンク

芸能人で発達障害と告白する人が増えているような気がします。最近で有名なのはモデルの栗原類さんですね。

そして最近、落語家の「柳家花緑」さんが発達障害であることを告白したそうです。また、それに関連した本も出版するそうです。

落語家柳家花緑(45)が、子供の頃は「発達障害」だったことを著書「花緑の幸せ入門」(竹書房、8月4日発売)で初告白する。人間国宝5代目柳家小さんの孫で、22歳… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

 落語家柳家花緑(45)が、子供の頃は「発達障害」だったことを著書「花緑の幸せ入門」(竹書房、8月4日発売)で初告白する。

具体的な症状として、「漢字の読み書きが苦手」「教室ではじっとしていられず、いつもしゃべっていた」などがあったそうです。

人間国宝5代目柳家小さんの孫で、22歳で真打ち昇進したが、漢字の読み書きが苦手で通知表も1か2。教室ではじっとしていられず、いつもしゃべっていたという。

「漢字の読み書きが苦手」は学習障害と関係があるのかもしれません。ADHDの人は学習障害の人が多いと言われていますね。

また、ADHDの人には「おしゃべり」な人も多い言われます。柳家花緑さんもその特徴があったのかもしれません。

そして、このおしゃべり特徴が落語家という仕事にはぴったりだったのかもしれませんね。柳家花緑さんは、ADHDの強みをうまく生かすことができた例なのかもしれません。

参考記事:柳家花緑「発達障害」の過去告白「お陰で今の自分」

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2