ADHDの人は「怠け者」で「やる気」がない?なぜ誤解されるのか

残念なことに、大人と子供のADHDの人は、「やる気がない」「怠けている」「無気力」などと悪いレッテルを貼られることがよくあります。これらのレッテルは、偏見であり、ADHDの人を傷つけるものです。

ADHDの人が「怠け」や「やる気がない」と言われてしまうのは、ADHDの人が「動きが少ない」または「動きが遅い」という特徴からです。これはADHDの人の実行機能に障害があるためです。

この実行機能の障害を理解することは、世の中にはびこるADHDについての誤解を正すために重要です。

実行機能の障害は、仕事を「開始する」「整理する」「持続する」ことを妨げるような影響を及ぼします。多くの人は、このような「麻痺した」状態を経験したことがあるのではないでしょうか。たとえば、仕事を始めたいと思っているのに、どうしてもぐずぐずして先に進むことができないというような状態です。

次のADHDの人の実体験はとても参考になります。

私は職場の自分のデスクに座り今日の仕事のリストを確認します。そして長い時間をかけて仕事を開始します。しかし最初に何から手を付けたらいいかわかりません。そしてやっとのことやることを決めても、その仕事が楽しくなければ仕事を始めることができません。私はただ椅子に座り、壁を長いこと見つめます。ありとあらゆる雑念が頭に浮かんできます。そして思わず壁をぶち壊したくなるような気持ちに襲われるのです。

このような「麻痺」の感覚は、途方に暮れ、先延ばしをし、避けようとする感情をもたらします。そして究極的には仕事の生産性を低めます。

またこのような状態は、周囲の人をがっかりさせてしまいます。ADHDの人は、刺激的で面白い仕事や、新しく興奮する仕事に対しては高い能力を発揮しますが、退屈で反復作業の仕事の場合はパフォーマンスが落ちることが多いので、周囲の人はそのギャップに困惑するからです。

またたとえ仕事を始めることができたとしても、仕事に集中し続けることも大変です。ADHDの人はどうしたら仕事を終わらせることができるのかは知っています。そして一生懸命そうしようとします。しかしできないのです。

「退屈」や「飽きっぽさ」は子供と大人のADHDに共通する問題です。退屈な仕事に意識を集中することは、意識がもっと面白い活動や考えに向かった場合は、ほぼ不可能に近くなります。

スポンサーリンク

改善する方法は?

まず最初に、ADHDの専門家に相談することが大切です。また次の「戦略」も試してみましょう。

1.仕事を細かく分け、ひとつひとつを確実に終わらせることができものにまで分けましょう

2.より小さなゴールを設定しましょう

3.ゴールに少しでも近づいたら、自分にご褒美を与えましょう

4.仕事に取り組む時間を細かく区切り、退屈を感じないようにしましょう

5.運動をしましょう

6.生活に動きを取り入れましょう

参考記事:ADHD and Motivation

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ