ひきこもりの人は「7年」以上引きこもっている人が一番多い?内閣府の調査

最近ひきこもりについての内閣府の調査が行われました。

調査によると、ひきこもりの期間では「7年」以上という、長期間引きこもっている人が一番多かったそうです。割合にすると35%で、前回の調査の2倍の結果だそうです。

ひきこもりの期間は、前回調査では「1~3年」が最も多く30.5%だったが、今回は「7年以上」が最も多く約35%を占めており、前回調査の約17%の2倍に上っている。

ただし、ひきこもりの人の人数は減っているそうです。

内閣府の今回の調査では、ひきこもりの人の数は、前回の2010年の調査に比べて減っていた。

この結果を見ると、新しくひきこもるになる人は減っているが、ひきこもりからなかなか抜け出せない人は増えているということなのかもしれません。

ひきこもりが長期化している理由の一つとして、日本では履歴書の空白期間がマイナスになるということが関係しているように思えます。

もしひきこもりの人が社会復帰をして就職しようとしても、ひきこもりの間の空白期間のせいで、就職ができにくいということがあると思います。その結果、ひきこもりが長期化してしまうのではないでしょうか。そして長期化すればするほどますます社会復帰できなくなるという悪循環につながるのかもしれません。

これはひきこもりの人の問題だけではなく、社会がどうひきこもりの人を受け入れるのかという問題でもあると思います。

ひきこもりの人は転職サービスを利用するの一つの方法だと思います。たとえば「第二新卒の就職なら!【ハタラクティブ】」や「満足できる転職ならヒューマンタッチ」などがおすすめです。仕事にブランクがあっても相談にのってくれると思います。

障がい者枠で仕事を探す場合は「障がい者求人紹介【ラルゴ高田馬場】」などがおすすめです。「障がい者」の求人や転職をサポートしてくれる転職サービスです。

参考サイト:<ひきこもり>「7年以上」最多の35% 前回調査の2倍に

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク