発達障害の人は教員に向いている?向いていない?

対人苦手リンク

発達障害(ADHD・アスペルガー症候群)の人に向いている仕事の一つとして、「教員」がよくあげられます。

発達障害の人は「専門性を生かした仕事が向いている」と言われるので、その中に「教員」も含まれているのでしょう。

しかし教員は頻繁にコミュニケーションが必要とされる仕事です。

発達障害、特にアスペルガー症候群の人の多くはコミュニケーションが苦手ですから、生徒や親とのコミュ二ケーションに苦労する人も多いのではないかと想像できます。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

教員の権威が低下し、教員には「コミュニケーション能力」が求められている

特に最近は教員の権威というものがどんどん低下してきているように思えます。

典型的なのが「モンスター・ペアレント」です。

昔のように教員に権威があれば、教員のしていることは絶対であったため、良くも悪くも親からのクレームはあまりなく、親とのコミュニケーションを密にする必要はなかったのかもしれません。

しかし現在は教員も普通の会社員並みに様々な対応が要求される時代なのです。

教員に「高度な協調性」「対人スキル」「臨機応変な対応」が求められる時代

発達障害者の人が苦手なことに「高度な協調性」「対人スキル」「臨機応変な対応」があります。

現在の教員の仕事も、このようなことがだんだんと要求されてきているようにも思えます。

ですから個人的な印象では、教員の仕事が発達障害者に向いているとは必ずしも言えないのではないかと思います

発達障害者の人は「大学の教員」なら適職、「小中高の教員」なら大変かもしれない

教員の中でも、対人コミュニケーションが少なく、専門性を生かせる大学の教員は、まだ発達障害の人にとって適職かもしれません。

しかし、小中高の教員というのは、頻繁に高度な対人コミュニケーションを求められるため、発達障害者の人にとってはなかなか大変な仕事になっているのかもしれません。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ