ADHDの人はドーパミンが不足している?ドーパミンを増やす8の方法

ADHDの人の脳から出るドーパミンの量は少ないということを知っていましたか?

このドーパミンの不足が「前部前頭葉」の一部に影響を与え、そして「注意」「集中力」「衝動性」「気分」「動機付け」などのADHDの基本的な症状に影響を与えます。

例えば「リタリン」や「アデロール」というADHDの治療に使われる薬は、実はドーパミンを増やすように働きかける薬なのです。

脳に十分なドーパミンが不足している場合、脳はドーパミンを求めます。

そのためドーパミンの放出につながるような、不健康で危険な行動を自然としてしまうかもしれません。

例えば、炭水化物を食べ過ぎたり、タバコを吸ったり、お酒を飲んだり、スピード運転をしたり、不倫をしたりといった行動です。

しかしこのような不健康で危険な方法ではなく、健康的で自然な方法でも脳のドーパミンを増やすことはできます。以下でその方法を紹介します。

スポンサーリンク

脳のドーパミンを増やす方法

1.「運動」

「運動」をすると脳は多くのドーパミンを出します。

お気に入りの運動を見つけて、毎日運動をしましょう。

2.「オメガ3脂肪酸」

「オメガ3脂肪酸」はドーパミンを増やします。

オメガ3脂肪酸を含んだ食材を料理に使用するだけでなく、オメガ3脂肪酸のサプリメントも取りましょう。

また、最近の研究で、オメガ3脂肪酸は大腸がんでの死亡リスクを減らす効果も発見されました。オメガ3脂肪酸はADHD以外でも効果があるようです。

参考記事:ADHDの症状を改善する「オメガ3脂肪酸」、大腸がんにも効果的

3.「瞑想」

「瞑想」もドーパミンを増やします。

4.「ビタミンC」

「ビタミンC」をたくさん取りましょう。

「ビタミンC」はドーパミンが脳内で効果的に働くのにとても役立つのです。

5.「ドーパミンを増やす食べ物」

ドーパミンを増やす食べ物には「アミノ酸フェニルアラニン」が含まれています。

一度アミノ酸フェニルアラニンを摂取すると体内でチロシンに変換され、そしてチロシンがドーパミンを生み出すのです。

ドーパミンを増やす食べ物には、「牛肉」「豚肉」「羊肉」「鶏肉」「魚」「種実類」などがあります。

6.「鉄とビタミンB6」

「鉄」と「ビタミンB6」は、体内で食べ物を「フェニルアラニン」から「ドーパミン」に変換します。

したがって、「鉄」と「ビタミンB6」はドーパミンを増やすのに必要なのです。

一度体に鉄とビタミンB6が不足していないかどうかを医者に見てもらいましょう。

そしてもし鉄とビタミンB6が不足しているなら、サプリメントを取る必要があるのか相談してみましょう。

ある研究によると84%のADHDの子供に鉄分が不足しているそうです。

7.「睡眠」

次の日の活動に備えるためか、睡眠中はドーパミンが増加します。

8.「ストレスを減らす」

「ストレス」を減らしましょう。ストレスはドーパミンを激減させます。

リンク元:ADHD and Dopamine

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ