岐阜県で、発達障害「グレーゾーン」の若者への就活支援が開始

岐阜県で、発達障害が疑われる、発達障害グレーゾーンの若者への就活支援が始まります。

障害者の就労支援に取り組む岐阜市長住町の一般社団法人サステイナブル・サポートは、発達障害が疑われる「グレーゾーン」と呼ばれる学生や若者らを対象に、8月から無料で就職活動の支援事業を始める。同法人によると全国的にも珍しい取り組みで「就活への不安を解消するお手伝いができれば」と利用を呼び掛けている。

おそらく、発達障害と診断された若者の支援はほかにもあると思うのですが、発達障害グレーゾーンの若者への支援は珍しいのではないでしょうか。

発達障害の診断は受けていないが、発達障害が疑われる人が対象です。

面接の練習や、エントリーシートづくりの相談、仲間との情報交換などの支援が受けられるそうです。ただし、年齢は25歳までです。

岐阜県に住んでいる人で、発達障害と診断は受けていないが疑いのある人は利用してみてもよいかもしれませんね。

支援を行う岐阜の団体は以下です。

就労移行支援事業所 ノックス岐阜
ノックス岐阜は、岐阜市指定就労移行支援事業所です。「見えない障がい」とたたかっているあなたへ。「新しい扉」をノックしませんか?

参考記事:発達障害を疑う若者の就活支援 岐阜の社団法人、8月から

おすすめの就労移行支援
就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

発達障害
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました