ADHDの人は引きこもって「冬眠」する癖がある。対策は?

眠る猫

ADHDの人は「冬眠」をする人が多いです。

どういうことかというと、ADHDの人はストレスがひどくなると、しなければいけないことを先延ばしして引きこもります。それを「冬眠する」と表現しているのです。

たとえば、次のような行動をしたことはありませんか?

家にひきこもり、電話やメールには返事をせず、生産的な活動に参加しなくなります。その代わりに、気持ちが穏やかになること、現実を忘れられることをします。たとえば、ソファに寝そべり、映画を見続けたり、ゲームに熱中したり、くだらない小説を読んだりします。

ただし、この時間はADHDの人にとって、楽しい時間ではありません。なぜなら、巨大な不安や恐怖、恥を回避しているからです。

しかし、いずれお金などもなくなり、この冬眠生活は終わらざるをえません。

ADHDの人は連絡を取らなかったことを謝ります。そして、自分自身を責めます。もう二度とこんなことはしないと約束するのです。

スポンサーリンク

冬眠は成功しない

この「冬眠」という戦略は成功しないことが多いです。周りの人に多大な痛みを与えてしまいますし、問題を良くするよりもむしろ悪化させてしまうからです。

もちろん、ストレスがたまって動けなくなったら休むことは大切ですが、それが癖になったり、度が過ぎてしまうと問題が起こります。

そこで、冬眠を避ける方法をいくつか紹介します。

1.計画的に冬眠する

もしあなたが冬眠をよくしてしまう人なら、冬眠を一切やめようとするのは非現実的です。

その代わりに、前もって冬眠を少なくする計画を立てておきましょう。

2.誰かと話をする

仲の良い友人やカウンセラーに悩みや不満を話しましょう。

そうすることで、冬眠を減らせます。

3.To-Doリストを作る

不安になる問題に対処するための行動のリストを書きます。小さな行動で構いません。少しずつ不安を減らしていけばいいのです。

これらの行動は、問題に正面から向き合うため、あなたが一番したくないことかもしれません。しかし問題と向き合うことで、徐々に問題は小さくなっていくのです。

参考記事:ADHD and Hibernation


ADHDの人の「やる気」マネジメント 「先延ばしグセ」を「すぐやる」にかえる! (健康ライブラリー)

タイトルとURLをコピーしました