同じ発達障害でも全然違う?「ADHD」と「アスペルガー症候群」の違いは?

発達障害には「ADHD」と「アスペルガー症候群」の2つがあります。

どちらもよく聞く言葉ですね。

しかし、「ADHD」と「アスペルガー症候群」は同じ発達障害でもその症状は違います。

「ADHD」は(Attention Deficit Hyperactivity Disorder)の略で、注意欠陥・多動性障害です。

「アスペルガー症候群(Asperger Syndrome)」は、興味・コミュニケーションについて特異性が認められる障害です。

もし自分が発達障害だと思ったなら、それは「ADHD」なのかそれとも「アスペルガー症候群」なのかで対応などが変わってきます。

スポンサーリンク

「ADHD」と「アスペルガー症候群」の表

「ADHD」と「アスペルガー症候群」の違いを確認するのに、以下の表がとてもわかりやすくて参考になります。

わかりやすい違いとしては、ADHDは女に多く、アスペルガー症候群は男に多いADHDは比較的明るくエネルギッシュ、アスペルガー症候群は感情の起伏があまりない、空気が読めない、などの違いがあります。

2014052100008_1
2014052100008_2

参照元:ADHDなのか、アスペルガー症候群なのか


大人のADHDの認知行動療法<本人のためのワークブック>

おすすめの就労移行支援
就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

発達障害
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました