レオナルド・ダ・ヴィンチはADHDだった?最新の研究で明らかに

Leonardo da Vinci - presumed self-portrait - WGA12798.jpg
By Leonardo da Vincihttps://www.latitudinex.com/europa/leonardo-valle-della-loira-rinascimento.html
Web Gallery of Art:   Image  Info about artwork, Public Domain,Link

レオナルド・ダ・ヴィンチの描いた「モナリザ」は、世界で一番有名な絵と言ってもよいでしょう。ほかにも、ダ・ヴィンチは様々な分野で天才的な業績を残しました。

最近の研究で、ダ・ヴィンチはADHDだったのではないかと言われています。これは、 キングス・カレッジ・ロンドンとパヴィア大学の教授による研究です。

特に、ダ・ヴィンチの時間管理や、集中力、先延ばしの特徴がADHDによると考えられるそうです。

Did Leonardo da Vinci have ADHD? Academics say he did
New research suggests ADHD could be behind Leonardo da Vinci's series of uncompleted projects.
スポンサーリンク

仕事を行ったり来たり、ほとんど眠らない

ダ・ヴィンチは、複数の仕事を行ったり来たりしたり、一晩中仕事してほとんど眠らない傾向があったそうです。少し寝てまた起きるを交互に繰り返していました。

これは、ADHDの特徴である、落ち着きのなさや過集中を示しています。

ディスレクシア

また、ダ・ヴィンチは ディスレクシア(学習障害)だったそうです。彼の文章はスペルミスが多く、文字は逆向きだったそうです。ディスクレシアはADHDの人によく見られます。

加えて、左利きであったこと、創造性が豊かなこともADHDの人の特徴に当てはまります。

症状は生涯にわたる

また、ダ・ヴィンチのADHDの症状は、生涯にわたって続きました。この点から、ADHDは子どもだけでなく、大人にも見られるものであることがわかります。

参考記事:Did Leonardo da Vinci have ADHD? Academics say he did


ビジュアル ダ・ヴィンチ全記録

おすすめの就労移行支援
就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました