ADHDの人がなかなか眠れない3つの理由

眠る女性

夜眠れない、朝時間通りに起きられない。遅刻をよくしてしまう・・・など、ADHDの人は「睡眠」に問題を抱えています。

睡眠の問題はとても深刻です。遅刻を繰り返せば最悪会社をクビになることもあるでしょう。

常に睡眠不足の状態でいると、病気になるかもしれません。

なぜADHDの人は睡眠に問題があるのでしょうか。

ここで3つの理由を紹介します。

スポンサーリンク

1.「睡眠ホルモンの分泌される時間が遅い」

ADHDの人は睡眠ホルモンが分泌される時間が遅いです。

ADHDの人が深夜2時、3時になるまで眠れないのはそのためです。

睡眠ホルモンとは「メラトニン」のことで、「覚醒と睡眠を切り替えて、自然な眠りを誘う」作用があるホルモンです。

2.「眠る前でも脳がフル回転」

ADHDの脳は寝る前でも休みません。

ベッドに入っても、過去のことや未来のこと、悩みや心配などをあれこれと考えてしまいます。

そのため、なかなか眠れなくなってしまうのです。

3.「自分のベッドで眠れない」

ベッドでなかなか寝付けない経験を持つと、ますます自分のベッドで眠ることが難しくなってしまいます。

ADHDの人はこれまでの経験から、自分のベッドが「ゆっくり休む場所」ではなく睡眠をめぐる「戦場」のようになってしまうからです。

しかしもし眠る場所が飛行機や電車、友人の家の場合、すぐに眠りにつくことができるのです。

参考記事:Why Can’t I Get to Sleep? Then Struggle to Wake Up in the Morning?

おすすめの就労移行支援
就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました