ADHDの人がなかなか眠れない3つの理由

夜眠れない、朝時間通りに起きられない。遅刻をよくしてしまう・・・など、ADHDの人は「睡眠」に問題を抱えています。

睡眠の問題はとても深刻です。遅刻を繰り返せば最悪会社をクビになることもあるでしょう。

常に睡眠不足の状態でいると、病気になるかもしれません。

なぜADHDの人は睡眠に問題があるのでしょうか。

ここで3つの理由を紹介します。

1.「睡眠ホルモンの分泌される時間が遅い」

ADHDの人は睡眠ホルモンが分泌される時間が遅いです。

ADHDの人が深夜2時、3時になるまで眠れないのはそのためです。

睡眠ホルモンとは「メラトニン」のことで、「覚醒と睡眠を切り替えて、自然な眠りを誘う」作用があるホルモンです。

2.「眠る前でも脳がフル回転」

ADHDの脳は寝る前でも休みません。

ベッドに入っても、過去のことや未来のこと、悩みや心配などをあれこれと考えてしまいます。

そのため、なかなか眠れなくなってしまうのです。

3.「自分のベッドで眠れない」

ベッドでなかなか寝付けない経験を持つと、ますます自分のベッドで眠ることが難しくなってしまいます。

ADHDの人はこれまでの経験から、自分のベッドが「ゆっくり休む場所」ではなく睡眠をめぐる「戦場」のようになってしまうからです。

しかしもし眠る場所が飛行機や電車、友人の家の場合、すぐに眠りにつくことができるのです。

参考記事:Why Can’t I Get to Sleep? Then Struggle to Wake Up in the Morning?


仕事&生活の「困った!」がなくなる マンガでわかる 私って、ADHD脳!? (大和出版)

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2