ゲームでADHDを改善。スペインの企業がADHDの治療アプリを販売

タブレットゲーム

スペインのバルセロナを拠点とするデジタルセラピューティクス企業「Braingaze」は、Android、iOS、Windowsタブレットで使えるADHD治療アプリを販売する準備をしています。

同社は2013年に設立されたばかりで、バルセロナ大学のスピンアウト企業です。

スポンサーリンク

ゲームの名前は「BGaze Bird」

このゲームは「BGaze Bird」という名前で、プレイする子どもたちは自分の目の動きでゲームをコントロールします。

同社によると、このゲームはプレイ中の眼球運動で特定の脳の領域をトレーニングし、ADHDの症状を軽減できるように設計されています。

BraingazeのCEO兼共同設立者であるLaszlo Bax氏は声明のなかで、このゲームの開発に6年以上かかったそうです。

安価なADHD治療方法

Braingazeはスマートフォンのほかに必要とするものはないので、同社はより安価なADHDの治療方法の一つとして提案しています。

高価な行動療法を利用できない親や、子どもに毎日薬を飲ませるのが嫌な親にもおすすめです。

中国市場で先行販売

このゲームはまだFDA(アメリカ食品医薬品局)の認可を取得しておらず、まずは中国で先行発売を予定しています。

同社は中国の保険と金融の大手・中国平安保険グループと契約を結んでいます。

また、大手製薬会社とも現在契約を交渉中とのことです。

今後日本でも販売が開始されるかもしれませんね。

参考記事:Spanish ADHD video game therapy startup Braingaze prepares to launch


大人の発達障害 生きづらさへの理解と対処 (健康ライブラリー)

おすすめの就労移行支援
atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました