ワーキングメモリー(短期記憶、作業記憶)の診断チェックができるサイトまとめ

仕事でミスが多い、仕事を処理するのが遅い、複数のことを同時にできない、物忘れが多い・・・

これらに当てはまる人は、もしかしたらワーキングメモリーに問題があるのかもしれません。

ワーキングメモリーとは、作業記憶、短期記憶とも呼ばれます。短い時間に情報を保持して、同時に処理する能力のことです。会話や読み書き、計算などの基礎となる能力です。

ワーキングメモリーの能力が高いと、仕事などの処理能力が高くなるようです。いわゆる「頭の良い」人というのは、ワーキングメモリーの能力が高い人と言えるのかもしれません。

一方で、ワーキングメモリーの能力が低いと、仕事や日常生活で問題が起こる可能性があります。もしかしたら「頭が悪い」と思ってしまうこともあるかもしれません。また、発達障害の人はワーキングメモリーの能力が低いと言われています。

そこで、ワーキングメモリーを診断チェックできるサイトを紹介します。

*これらはあくまで簡易的な診断テストです。正式な診断は専門家から受けましょう。

スポンサーリンク

「あなたの脳のワーキングメモリ力は? 簡単なテストで今すぐチェック」

NHKが提供している簡単なチェックテストです。大学教授が監修しているようです。

301 Moved Permanently

「短期記憶力チェッカー」

ゲーム感覚で短期記憶がチェックできます。

お知らせ

「脳年齢テスト 瞬間記憶」

ゲーム感覚で、瞬間記憶に関わる脳年齢がテストできます。

脳年齢テスト01 脳トレ瞬間記憶
あなたの脳年齢は何歳ですか?瞬間記憶テストであなたの脳年齢を鑑定します。ランダムに表示される数字を瞬間的に記憶してください。短期記憶を鍛える脳トレゲームです。

「作動記憶力(ワーキングメモリー)の判定/訓練-数字版」

ワーキングメモリーの判定/訓練ができる動画です。

以上です。ワーキングメモリーは鍛えることができるそうです。もし能力が低いと感じた人は、ワーキングメモリーの訓練をしてみてもよいかもしれません。

以下の記事も参考になります。

ADHDの人が「ワーキングメモリー」を鍛えるのに役に立つアプリ/ゲーム
ADHDの人は、ワーキングメモリーに障害があると言われています。 ワーキングメモリとは以下のことです。 ワーキングメモリ (working memory:作業記憶,作動記憶) とは,短い時間に心の中で情報を保持し,同時に処理...
おすすめの就労移行支援
atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

発達障害
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました