ワーキングメモリー(短期記憶、作業記憶)の診断チェックができるサイトまとめ

対人苦手リンク

仕事でミスが多い、仕事を処理するのが遅い、複数のことを同時にできない、物忘れが多い・・・

これらに当てはまる人は、もしかしたらワーキングメモリーに問題があるのかもしれません。

ワーキングメモリーとは、作業記憶、短期記憶とも呼ばれます。短い時間に情報を保持して、同時に処理する能力のことです。会話や読み書き、計算などの基礎となる能力です。

ワーキングメモリーの能力が高いと、仕事などの処理能力が高くなるようです。いわゆる「頭の良い」人というのは、ワーキングメモリーの能力が高い人と言えるのかもしれません。

一方で、ワーキングメモリーの能力が低いと、仕事や日常生活で問題が起こる可能性があります。もしかしたら「頭が悪い」と思ってしまうこともあるかもしれません。また、発達障害の人はワーキングメモリーの能力が低いと言われています。

そこで、ワーキングメモリーを診断チェックできるサイトを紹介します。

*これらはあくまで簡易的な診断テストです。正式な診断は専門家から受けましょう。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

1.「あなたの脳のワーキングメモリ力は? 簡単なテストで今すぐチェック」

NHKが提供している簡単なチェックテストです。大学教授が監修しているようです。

ワーキングメモリとは「記憶や情報を一時的に脳にメモし何らかの操作を行う、そのための記憶」ですが、そう説明されても、なかなかピンとはきませんよね。ワーキングメモリとはどんな機能なのか、ワーキングメモリを使うとはどういうことか。下記のテス...

2.「短期記憶力チェッカー」

ゲーム感覚で短期記憶がチェックできます。

3.「脳年齢テスト 瞬間記憶」

ゲーム感覚で、瞬間記憶に関わる脳年齢がテストできます。

あなたの脳年齢は何歳ですか?瞬間記憶テストであなたの脳年齢を鑑定します。ランダムに表示される数字を瞬間的に記憶してください。短期記憶を鍛える脳トレゲームです。

4.「ワーキングメモリ(作業記憶)チェック|物忘れが気になる人へ」

生理,妊娠,うつなどダイエット・ビューティ、カラダ・ココロの悩み相談、診断テストが満載のスーパーボディ

5.「作動記憶力(ワーキングメモリー)の判定/訓練-数字版」

ワーキングメモリーの判定/訓練ができる動画です。

以上です。ワーキングメモリーは鍛えることができるそうです。もし能力が低いと感じた人は、ワーキングメモリーの訓練をしてみてもよいかもしれません。

以下の記事も参考になります。

ADHDの人は、「ワーキングメモリー」に障害があると言われています。 「ワーキングメモリ」とは以下のことです。 ワーキングメ...
スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ