ADHDの人など、よく眠れない人がするべき眠る前の儀式

夜眠りにつけないという人も多いと思います。

特に、ADHDの人は睡眠障害になる人が多いと言われます。

睡眠が十分にとれないとADHDの症状をさらに悪化させてしまう可能性もあると思います。たとえば、ミスが多くなったり、忘れ物が増えたりしてしまうかもしれません。

そこで、よく眠れるようになる「睡眠の秘訣」を紹介します。

眠る前にこれらの「儀式」を行えば、以前よりもうまく睡眠がとれるようになるでしょう。

スポンサーリンク

1.「温かい牛乳を飲む」

眠る前に温かい牛乳を飲みましょう

ミルクには自然の鎮静剤であるトリプトファンが含まれていて、ADHDの人の忙しい心を鎮める効果が期待できるそうです。

また、眠る前にお酒を飲むのは控えたほうが良いでしょう。

アルコールを摂取すると眠りを持続させる能力に影響を及ぼし、頻繁に目が覚めてしまいます。さらに、アルコールは利尿作用を促進させるので、夜中何度もトイレに行くことにもなります。

2.「カモミールティーを飲む」

カモミールには鎮静作用が含まれています

カモミールティーを飲むことで精神が穏やかになり、しっかりと眠ることができるようになるのです。

また、少なくとも眠る4時間前までにはカフェインが含まれている飲食物は摂取しないようにしましょう。

カフェインもまた、アルコールと同じように利尿を促進させるので、夜中トイレに行く回数が増えるそうです。

3.「眠る前にシャワーを浴びたり湯船に浸かる」

お風呂に入ると筋肉がほぐれ、リラックスできます。

そして、体にそろそろ眠る時間だという合図を与えてくれます。

4.「眠る前にたくさん食べない」

眠る前にたくさんの食事をとると、眠れなくなることがあります。

少しつまむ程度がいいようです。

5.「リラックスできる音楽を聴く」

眠る時にリラックスできる音楽を聴くとよく眠れます。

ADHDの人は「ホワイトノイズ」を聴くと良いと言われているので(ADHDの人の集中力を改善する「ホワイトノイズ」とは?)、ホワイトノイズでも良いと思います。

私もよく眠る前にホワイトノイズを聴いています。インターネットの動画サイトなどで探せばすぐに見つかります。

特に夜中あれこれ考えてしまう人には向いていると思います。

参考記事:Bedtime Rituals to Calm Racing Minds and Fall Asleep Faster


リプトン カモミールハーブ アルミ 50袋

おすすめの就労移行支援
就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました