仕事中毒(ワーカホリック)の人は要注意!?仕事中毒とADHDなどの障害に関連性があることが明らかに

寝袋で眠る男性

毎日終電近くまで働いたり、会社に泊り込んだり、休日も出勤したり・・「仕事中毒(ワーカホリック)」になっていませんか?そんな仕事中毒の人は、仕事が大好きだったり、仕事に対する意識や責任感が強かったりするのではなく、もしかしたらADHDなどの障害が仕事中毒にさせているのかもしれません。

以下の記事によると、最近ノルウェーの研究調査で、仕事中毒とADHDなどの障害との関連性が明らかになったそうです。

うつや不安症、強迫性障害やADHDなどの精神疾患と仕事中毒は関連性あり(ノルウェー研究) : カラパイア
 ノルウェーの大規模な研究調査によって、仕事中毒(ワーカホリック)は注意欠陥過活動性障害(ADHD)、強迫性障害(OCD)、不安障害、うつ病などと連動して起こることがわかった。 

ノルウェーの大規模な研究調査によって、仕事中毒(ワーカホリック)は注意欠陥過活動性障害(ADHD)、強迫性障害(OCD)、不安障害、うつ病などと連動して起こることがわかった。

研究によると、「仕事中毒(ワーカホリック)の人ほど、ADHDなどの障害を抱えている確率が高い」そうです。ただし、仕事中毒だからADHDになるのか、ADHDだから仕事中毒になるのか、どちらが原因かはまだわからないそうです。

今現在仕事中毒になっている人は、もしかしたらADHDなど何らかの障害が関係しているのかもしれませんね。仕事に夢中になることはいいことですが、それが何らかの障害を引き起こしたり、または障害が原因でそうなっているとしたら、少し問題があるのかもしれません。

また日本人は特に仕事中毒の人が多いようにも思えますから、これは文化的な違いも関係しているのかもしれません。仕事中毒になることが期待される文化と、そうでない文化というのもあると思います。

今後の更なる研究が期待されます。

参考記事:うつや不安症、強迫性障害やADHDなどの精神疾患と仕事中毒は関連性あり(ノルウェー研究)

おすすめの就労移行支援
就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました