別の病気と間違われやすいASDの症状

ASDの症状で、別の病気と間違われやすいというASDの症状があるそうです。

つまり、これらのASDの症状は、別の病気にもよく見られるものです。私もASDと診断されていますが、確かに自分にもよく見られる症状だと思いました。

そこで、その症状をいくつか紹介します。

スポンサーリンク

1.「対人関係が苦手」

これはASDの代表的な症状だと思います。しかし、「社会不安障害」と「回避性人格障害」にも見られる症状だそうです。

2.「自己表現が苦手」

ASDの人は、言語・非言語による自己表現が苦手だったり、他の人の話を素早く処理するのが苦手です。この症状は、「言語に基づく学習障害(a language-based learning disability)」にも見られる症状だそうです。

3.「偏食」

ASDの人は偏食が多いそうです(5倍)。決まった食べ物しか食べない/食べられない、決まった食習慣を繰り返します。これは、「摂食障害」の症状と共通しているそうです。

4.「他の人と関係するのが苦手」

ASDの人は、他の人と関係したり、他人の立場に立って物を見ることが苦手です。これは、「人格障害」の症状と共通しているそうです。

5.「同じ行為を何度も繰り返す」

ASDの人は、同じ行為を何度も繰り返すという症状があります。もしそれができないと、不安になったりします。これは私にもよくあります。そして、この症状は強迫神経症」にも見られるそうです。

6.「感情の管理が苦手」

ASDの人は、突然怒り出したり、すぐに怒りが消えたりといった、感情の管理が苦手という症状があります。これは、境界性人格障害」などに見られる症状だそうです。

7.「孤独を好む」

ASDの人は孤独を好みます。しかし、多くの人は孤独を好むのが理解できないため、このような症状を「気分障害」と間違われることがあるそうです。

8.「ハイパーセンシティブ」

ASDの人は敏感です。たとえば、食べ物の食感が気になって食べることができません。これは、知覚処理障害(sensory processing disorder)」と共通する症状だそうです。

9.「生活の変化に弱い」

ASDの人は、生活に変化があったりルーティーンが変わったりすると、イライラを感じたり緊張したりするそうです。これは、全般性不安障害」の症状と重なるそうです。

以上です。これを見ていると、ASDの症状と共通点のある病気が思った以上に多いと思いました。

もしかしたら、本当はASDなのに、これらの症状のために別の病気として診断されるという可能性もあるのかもしれません。

病院に行く際は、1つの病院だけでなく、複数の病院に行った方がよいかもしれませんね。

また、改めてASDの症状がわかり、勉強にもなりました。

参考記事:The Most Commonly Misdiagnosed Symptoms of Autism in Adults

 

おすすめの就労移行支援
就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

ASD/自閉症/アスペルガー症候群
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました