ADHDの人が仕事や職場で注意するべき6つのこと

ADHDの人は、働く際にちょっとした工夫が必要です。

そこで、ADHDの人が仕事や職場で注意したほうが良いことを6つ紹介します。

スポンサーリンク

1.「コミュニケーションをはっきりとる」

何か指示を受けたら、自分の聞いたことが正しいか確かめるために、繰り返し確認しましょう。

2.「予定を何度も確認する」

今日の予定を必ず一日数回はチェックしましょう。

そうしないと、大切な会議などをすっぽかしてしまう可能性があります。

もし過集中で予定を忘れてしまいそうなら、タイマーをセットするのも一つの方法です。

スケジュールのチェックは習慣にしたほうが良いでしょう。

3.「専門能力を高める」

仕事における専門的な能力を高めましょう。

1年に2回は、専門能力や社会的スキルを見直して改善します。

4.「人に頼む」

自分が苦手なことは、他の人に頼むのも一つの方法です。

5.「プライベートと仕事をはっきり分ける」

プライベートのことはなるべく仕事に持ち込まないほうが良いでしょう。

同様に、仕事のことはなるべくプライベートに持ち込まないようにしましょう。

6.「健康を第一に考える」

精神的・肉体的な健康を第一に考えましょう。

休日はリフレッシュできることをするのがおすすめです。

まとめ

  • コミュニケーションをはっきりとる
  • 予定を何度も確認する
  • 専門能力を高める
  • 人に頼む
  • プライベートと仕事をはっきり分ける
  • 健康を第一に考える

参考記事:Ten Keys to Conquering ADHD in the Office


ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が上手に働くための本

おすすめの就労移行支援
就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました