ADHDの人が仕事や職場で注意するべきことは?

ADHDの人が仕事や職場で注意するべきことを紹介します。

1.「コミュニケーションをはっきりとる」

何か指示を受けたら、自分の聞いたことが正しいか確かめるために、繰り返し確認しましょう。

2.「今日の予定を何度も確認する」

今日の予定を必ず一日数回はチェックしましょう。

そうしないと、大切な会議などをすっぽかしてしまう可能性があります。

もし過集中で予定を忘れてしまいそうなら、タイマーをセットするのも一つの方法です。

スケジュールのチェックは習慣にしたほうが良いでしょう。

3.「専門能力を高める」

仕事における専門的な能力を高めましょう。

1年に2回は、専門能力や社会的スキルを見直して改善します。

4.「人に頼むことを学ぶ」

自分が苦手なことは、他の人に頼むのも一つの方法です。

5.「プライベートと仕事をはっきり分ける」

プライベートのことはなるべく仕事に持ち込まないほうが良いでしょう。

同様に、仕事のことはなるべくプライベートに持ち込まないようにしましょう。

6.「健康を第一に考える」

精神的・肉体的な健康を第一に考えましょう。

休日はリフレッシュできることをするのがおすすめです。

参考記事:Ten Keys to Conquering ADHD in the Office


ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が上手に働くための本

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2