ADHDの人は目先の快楽を優先し、長期の計画が立てられない?

大人のADHDの特徴に「長期の計画が立てられない」があります。

ADHDの人は長期的な計画よりも目先の快楽を優先しがちなのです。

脳の研究によると、これはADHDの人の脳の特徴と関係があります。これは「報酬遅延勾配」と言われるものです。

「報酬遅延勾配」は「報酬の得られるタイミングが遅くなればなるほど、その報酬の価値を低く見積もる」という現象のことです。

これを示すわかりやすい例があったので、紹介します。

例を挙げて説明します。報酬のもらい方として、以下の2つが用意されていたとします。

10回腹筋運動をした直後に1000円もらえる
1日10回の腹筋運動を1週間続けてできれば14000円もらえる
計算すればわかりますが、腹筋1回あたりの報酬は前者は100円で、後者は200円です。後者を選んだ方が倍の報酬がもらえることになります。

しかし人間は、時間的に遠い報酬については、実際の価値よりも値引いてとらえる傾向があるそうです。これが報酬遅延の勾配です。

ADHDの方では、この値引く割合が他の人に比べて急だというのです。つまり「1週間も腹筋を続けてそのあとにしかもらえない14000円よりも、すぐにもらえる1000円の方がいい!」と思いやすいのです。

大人のADHDと「報酬遅延勾配」の話

つまり、ADHDの人は、目先の快楽につられて結局損をする選択をよくしてしまうのです。

また、大人のADHDの人は地道な努力も苦手です。なぜなら、すぐに報酬がもらえないからです。

日本では地道な努力が賞賛される傾向がありますから、地道な努力が苦手な大人のADHDの人は周囲から非難されることが多くなるのかも知れませんね。

しかし、これはあくまで脳の構造が問題で、本人の責任ではありません

スポンサーリンク

対策は?

それでは、ADHDの人が長期に計画を立てられるようにするのはどうしたら良いでしょうか?

対策としては、こまめに報酬を設定することです。すぐに報酬を欲しがる脳の構造を利用して、すぐに報酬がもらえるようにします。

意識改革や努力も大切だと思いますが、脳の構造が原因なので、それを考慮した方法を考えたほうが良いと思います。

 


ADHDの人の「やる気」マネジメント 「先延ばしグセ」を「すぐやる」にかえる! (健康ライブラリー)

おすすめの就労移行支援
atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました