子どもの発達障害の診察予約が殺到し、パンク状態に

子どもの発達障害の診察予約が殺到し、パンク状態になっているそうです。なんと初診を受けるのに「約4・3カ月待ち」とのことです。

予約が殺到しているのは、神戸にある子ども支援施設「西宮市立こども未来センター」です。

子どもの発達過程で生じるあらゆる問題に対応する「西宮市立こども未来センター」(兵庫県西宮市高畑町)が、開所から丸1年を迎えた。近年、発達障害への関心が高まっていることもあり、開所当初から診察予約が殺到。初診までは約4・3カ月待ちの“パンク状態”に陥っている。

これは「発達障害」が日本でも大きく知られるようになったことの影響でしょうか。私の子どものころは発達障害という言葉自体あまり知られていなかったように記憶しているので、診断を受けるなんてほとんどなかったような気がします・・

発達障害は早期の発見と対応が大切だと言われているので、多くの人が診察を受けるのは良いことだと思います。しかし診察を受けられる場所が不足しているのは問題だと思います。

まだ需要に供給が追いついていないという感じなのでしょうか。今度さらに診察を受けられる機関が増えていって欲しいと思います。

参考記事:発達障害初診4.3カ月待ち 西宮


発達障害の子どもを伸ばす魔法の言葉かけ (健康ライブラリー)

おすすめの就労移行支援
atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

発達障害
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました