現在の日本は、「テキパキしてない人、愛想も要領も悪い人」がますます生きにくい社会になっている?

かなり昔の記事ですが、とても面白いです。

内容を要約すると、最近どこに行ってもテキパキして、愛想も要領も良い人に出くわす。しかし以前はそんなことはなかった。テキパキしてない人、愛想も要領も悪い人が結構いた。なぜ最近そのような人を見かけないのか?彼/彼女はどこに行ったのか

確かにそれは私もよく感じることです。コンビニの店員さん、役所の窓口の人など、テキパキして、愛想も要領も良い人ばかりのような気がします。しかし私も含めて、テキパキしてない人、愛想も要領も悪い人は現在も一定数存在するように思えます。そのような人はどこにいるのでしょうか?このブログの作者は、テキパキしてない人、愛想も要領も悪い人は社会から排除されているのではないかと主張しています。

実のところ、小器用に振る舞える人間、融通の利く人間、汎用性の高い人間以外が、社会から排除されているのではないか?要領の悪い人間、愛想の悪い人間が働ける場所が失われてきているのではないか?

インターネットのあちこちに吹き溜まっている怨嗟の声に耳を傾け、精神科の診察室で遭遇する適応障害に該当する人々の苦境をみる限り、本当は、要領の悪い人や無愛想な人、不器用な人が消えてしまったわけじゃない事はわかっている。にも関わらず、そのような人達が気持ち良く働けるポジションが社会のなかであまり見当たらないのは、とても、怖ろしいことのような気がするのだ。

私はこの「テキパキしてない人、愛想も要領も悪い人」は、「対人関係が苦手な人」とも重なるような気がします。そしてそのような人が、現在の社会では結構苦しんでいるのではないかと思います。このブログの作者も書いているように、現在の社会は以前よりもまして、(役所からコンビニまで)「テキパキして、愛想も要領も良い人」が求められ、「テキパキしてない人、愛想も要領も悪い人」(対人関係が苦手な人)の居場所が失われる傾向にあるように思われるからです。

しかしこの「テキパキして、愛想も要領も良い人」ばかりの社会というのは、ブログの作者も書いているように、多様性がなく生きづらい社会ともいえるのではないでしょうか。

この先「テキパキしてない人、愛想も要領も悪い人」(「対人関係が苦手な人」)はいったいどう生き延びていけばいいのか、考えていきたいですね。

おすすめの就労移行支援
就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました