ADHDの人が不安や心配を消すため方法

不安や心配は悪いことだけではありません。

不安や心配は、重要な仕事を最後まで終わらせたり、変更する時のモチベーションになります。

しかし、もし不安や心配で頭がいっぱいになってしまったら、それは有害です。止める方法を試してみましょう。

そこで、不安や心配を止める方法を紹介します。

1.「不安の具体的な対策を考える」

不安が起きる状況を調べ、その対策を考えましょう。

そして、どうしたらその状況を変えられるかを考えます。

たとえば、仕事が見つからなくて不安というなら、机に向かい仕事を見つけるための具体的な計画を書き出しましょう。

2.「人とつながる」

ADHDの人は孤独をよく感じます。そして、その結果悩みが余計に増えます。

それを防ぐには、家族や友人、ボランティアの人に会い、話をしましょう。

人とのつながりは、自分の存在が全体の一部分であることを感じさせてくれるのです。

3.「脳を物理的に変える」

不安を消すための1つの方法は、脳に物理的な変化を起こすことです。

運動をする、音楽を聴く、深呼吸をする、祈る、十分な睡眠をとる、手紙を書く、瞑想すると、脳に変化が生じます。そうすることで、不安を消すことができるのです。

4.「瞑想をする」

「瞑想」は不安を消す助けになります。

不安と悩みに瞑想は効果的です。瞑想は治療にはならないですが、治療をするための強力な道具です。

5.「カウンセラーに相談する」

心理療法を利用するのも一つの方法です。

ただし、その時に重要なことは、正しい治療の方法を選ぶことです。

認知行動療法は、不安を解消するための一番の方法です。

一方、EMDR(眼球運動による脱感作と再処理法)は、トラウマが原因の悩みや不安に役に立ちます。

6.「不安は障害の可能性も」

また、不安や悩みは精神の病気の可能性もあります。その場合は専門機関での治療が必要です。以下が不安に関する障害です。

1.「全般性不安障害」

どんな場所、状況でも、絶えず悩みや不安に襲われる障害。

2.「分離不安障害」

強い愛着を感じている場所や人から離れると、過剰に不安を感じる障害。

3.「社会不安障害」

パーティーや人が多く集まるイベントなどで、ほかの人と接することに過剰な不安を感じる障害。

参考記事:無料でできる「社会不安障害」のネット診断チェックまとめ

4.「強迫性障害」

強迫的な思考や感情が続き、何かをせずにはいられなくなる障害。

5.「心的外傷後ストレス障害」

トラウマが生じるような出来事を見たり経験することにより、不安が生じる障害。

参考記事:Worry Wart Remover: 8 Ways to Let It Go

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2