ADHDを改善する?『医療用スマートヘッド』が開発される

slide2

ADHDの改善が期待できる『医療用スマートヘッド』が開発されました。これは世界初だそうです。

このスマートヘッドは「BrainCO Focus 1」。脳波を可視化する機能が備わっています。

このスマートヘッドを装着し、アプリのゲームを行います。そうすると、ゲーム中の脳波が可視化されるという仕組みです。そして脳波を可視化することで良い脳の状態がわかります。

これを繰り返すことで無意識的に脳を良い状態に持っていくことができるようになります。ADHDの人の注意力などが改善されるそうです。

スポンサーリンク

「ニューロフィードバック」理論とは?

このスマートヘッドの仕組みは、「ニューロフィードバック」を基礎にして作られています。ニューロフィードバックとは以下のものです。

ニューロフィードバックでは、脳の状態を知るために“脳波”をモニターします。

脳波はコンピュータで解析され、脳波が良い状態になったとき、映像や音で合図があります。

この合図で、自分にとって良い脳の状態を知ることができます。

このトレーニングを繰り返し行うことにより、良い脳の状態を感覚として覚えます。

一度覚えた感覚は、トレーニング終了後も無意識に脳を良い状態へ持って行こうと働きます。

ニューロフィードバックジャパン

この「ニューロフィードバック」は、「米国内での信頼度は高く、発達障がい・てんかん・うつ病・アンチエイジングなど、多くの分野で起用されている」そうです。

薬と違い副作用などもないので、今後の実用化がさらに期待されますね。

参考サイト:
ADHD改善に一石!世界初の医療用スマートヘッドバンド「BrainCO Focus 1」に注目
Focus 1
ニューロフィードバックジャパン

おすすめの就労移行支援
atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました