農業で「心の病」が改善される?「農福連携」が話題に

農地

都会でストレスなどにより心の病を抱えてしまった人は、農業がおすすめかもしれません。

現在、障害者が農家で働く「農福連携」という取組みが、国の支援も含めて行われています。

日本農福連携協会も設立されています。

高齢化により人手不足の農家と、自立を求める障害者というお互いのニーズがうまくマッチングしています。

さらに、農業は心の病を改善する効果もあります。

東京都練馬区で露地野菜を生産する白石農園。四十代の男性は会社員時代に統合失調症を患い、八年前から働いている。「土のひんやりした感触が気持ちが良く、育った野菜を収穫するのもやりがいがある」

家族経営の白石農園にとって、高齢化するパートに代わる人材としてありがたい存在だ。経営する白石好孝さん(61)は「人との摩擦がストレスになって心を病んだ人は、自然の中で体を動かす作業が合っているようだ」と語る。

参考記事:「農福連携」広がる 農家は人手確保、障害者の自立に道

心の病の多くは、人間関係から来るように思えます。

農業も人間関係がある程度は必要かもしれませんが、仕事の多くは人ではなく土や農作物が相手です。人間関係で痛めつけられ、心の病を抱えた人にとっては自然が相手の仕事がいいのかもしれませんね。

よく考えれば、自然を相手とした農業のような仕事のほうを、人類は長く行ってきたわけです。現代のような人間関係で心がすり減るような仕事は、人類の歴史的には浅いのでしょう。

農業のような仕事のほうが合っているという人もきっと多いように思えます。


農福連携が農業と地域をおもしろくする

タイトルとURLをコピーしました