自閉症のアーティストがエッセンシャルワーカーにバルーンを製作

新型コロナウイルスの感染拡大で、医療、エネルギー、通信、農業、食品などの社会で不可欠の分野で働くエッセンシャルワーカーへの感謝が広がっています。

22歳の自閉症のバルーンアーティストは、エッセンシャルワーカーにバルーンを製作して感謝を示しました。その後、彼の作品は多くの人の注目を集めています。

アーティストのエディは、3歳の時に自閉症と診断されました。彼は10歳までにYouTubeを見てバルーンの作り方を学びました。

その後、バルーン製作を趣味からお金になるビジネスに変えました。

エッセンシャルワーカーへの彼の最初の作品は、友人の母親でした。友人の母親は雑貨店で働いていて、彼は友人から母親を励ましたいと聞いて、バルーンを製作しました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Some of you might have read that our balloon postal worker made it into the hands of an actual postal worker! Meet Maganbhai Patel! Being a postal worker is actually a family affair. His kids also work for the post office and gave the now famous balloon postal worker to their father. Maganbhai is 79 years old and has worked for the post office in Plainfield for 32 years! He’s going to retire this year. In early April he contracted COVID-19. Fortunately he was able to make a full recovery and got clearance to go back to work. We’re so glad we could be any part of his journey with the postal service. And to top it all off, it’s his 52 wedding anniversary today! Congrats to the whole family and thank you for your service as essential workers!

Ausome Balloon Creator(@ausomeballooncreator)がシェアした投稿 –

参考記事:Artist with autism makes balloon sculptures to thank essential workers


発達障害に生まれて-自閉症児と母の17年 (単行本)

タイトルとURLをコピーしました