ゲームをするとADHDが改善する?アメリカの大学の研究で明らかに

対人苦手リンク

アメリカの研究によると、「ゲーム」をするとADHDの症状が改善することがわかったそうです。

これは、最近発表されたアメリカデューク大学の研究です。研究は、ADHDの診断を受けた子ども40人を対象に行われました。

子どもたちはモバイルタイプのゲームを28日間プレイをしたそうです。

その結果、ADHDの診断を受けた子どもたちにADHDの症状の改善が見られたそうです。また、比較対象としてADHDの診断を受けていない子どもも同様にゲームをしたそうですが、そちらには変化が見られなかったそうです。

加えて、ADHDの子どもたちにはワーキングメモリーの改善もみられたそうです。

専門家によると、携帯ゲームはADHD治療薬のオルタナティブな治療法となる可能性があるそうです。

子どものゲームというと悪いイメージを持つ人もいるかもしれませんが、ADHDの改善に役立つ可能性があるというのは意外に思えます。しかも、薬と違い副作用もありませんから、うまくすれば有効な治療法の1つとなるのかもしれません。

ちなみに、ゲームをすると影響を受けて暴力的になるというような意見もありますが、このような意見を証明する研究結果というのはないそうです。

今後の研究がさらに期待されます。

参考記事:Video Games Might Be An Alternative Therapy For Kids With ADHD, New Study Says

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2