ゲームをするとADHDが改善する?アメリカの大学の研究で明らかに

アメリカの研究によると、「ゲーム」をするとADHDの症状が改善することがわかったそうです。

Turns Out, Video Games Could Actually Help Kids With ADHD, Study Says
For parents looking to help their children more effectively manage symptoms of ADHD, a new study has revealed another nonpharmacologic solution to consider. Tho...

これは、最近発表されたアメリカデューク大学の研究です。研究は、ADHDの診断を受けた子ども40人を対象に行われました。

子どもたちはモバイルタイプのゲームを28日間プレイをしたそうです。

その結果、ADHDの診断を受けた子どもたちにADHDの症状の改善が見られたそうです。また、比較対象としてADHDの診断を受けていない子どもも同様にゲームをしたそうですが、そちらには変化が見られなかったそうです。

加えて、ADHDの子どもたちにはワーキングメモリーの改善もみられたそうです。

専門家によると、携帯ゲームはADHD治療薬のオルタナティブな治療法となる可能性があるそうです。

子どものゲームというと悪いイメージを持つ人もいるかもしれませんが、ADHDの改善に役立つ可能性があるというのは意外に思えます。しかも、薬と違い副作用もありませんから、うまくすれば有効な治療法の1つとなるのかもしれません。

ちなみに、ゲームをすると影響を受けて暴力的になるというような意見もありますが、このような意見を証明する研究結果というのはないそうです。

今後の研究がさらに期待されます。

参考記事:Video Games Might Be An Alternative Therapy For Kids With ADHD, New Study Says


仕事&生活の「困った!」がなくなる マンガでわかる 私って、ADHD脳!? (大和出版)

おすすめの就労移行支援
就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました