ペットが自閉症の子どもとその親のストレスを減らすことが明らかに

猫

アメリカの最新の研究で、自閉症の子どもを持つ家族では、ペットが自閉症の子どもとその親の両方のストレスを和らげることがわかりました。

これはミズーリ大学の研究者が実施した研究で、自閉症スペクトラム障害(ASD)の子どものいる764の家族を対象に、犬や猫を飼うことの利点と欠点を調査しました。

専門誌に掲載された調査結果では、動物を飼うことで余計な負担が増える可能性はあるもの、ペットは親のストレスを高めることはなく、子どもとその親の両方がペットとの強い絆を持っていることがわかりました。

また、ペットが多ければ多いほど良い点は増え、ストレスが少ないこともわかりました。

スポンサーリンク

自閉症の子どもの社会的相互作用を高め不安を軽減

この研究を行ったグレッチェン・カーライル(Gretchen Carlisle)氏によると、ペットは自閉症の子どもの社会的相互作用を高め、不安を軽減するのに役立つと考えられるそうです。また、自閉症の子どもだけでなく、その親にも快適さとサポートを与えます

ただし、飼うペットは自閉症の子どもの活動レベルに合わせる必要があります。たとえば、活動が活発な大きな犬は特定の子どもには感情的な負荷を与える可能性があるので、静かな猫のほうが適している場合もあります。

ペットが子どもだけでなく、その親にも良い点があるというのは興味深いと思います。

via:A family pet could relieve stress for parents of kids with autism


最新図解 自閉症スペクトラムの子どもたちをサポートする本 (発達障害を考える心をつなぐ)

おすすめの就労移行支援
atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

ASD/自閉症/アスペルガー症候群
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました