アスペルガー傾向のある人は、共通の趣味を通じて恋人を探すのがおすすめ?アスぺルガーの人が恋人を作るためのヒント

発達障害の中でも、アスペルガー症候群の人は対人関係が苦手だと言われます。

そのため、アスペルガー傾向のある人は恋人を作るのも難しい人が多いようです。特に男性はそうかもしれません。一般的に、恋愛は男性のほうからコミュニケーションをすることが期待されるからです。

もし挙動不審だったり、不自然なコミュニケーションだと、女性に敬遠されることも多いでしょう。

そこで、アスペルガー傾向のある人が恋人を作るためのヒントをいくつか紹介します。

スポンサーリンク

1.「共通の興味を通じて知り合う」

アスペルガー傾向のある人は、共通の興味関心を通じて知り合うのが良いようです。

たとえば、興味関心のあるボランティア活動などを通じて、相手と知り合うというイメージですね。

ほかにも趣味の活動などでも良いと思います。男性の場合、ダンスや英会話などは女性も多いので、出会いの可能性は増えるかもしれません。

2.「オンラインで関係を作り、オフラインで会う」

アスペルガー傾向のある人は、話をするのが苦手という人も多いと思います。そんな人は、オンラインで出会いを探すのがおすすめです。

オンラインであれば、話が苦手でも問題ない場合が多いからです。むしろ文章が上手な人のほうが有利になる可能性もあります。

最近では婚活サイトなども多数ありますので、それらを利用することもできます。たとえば、「世界最大級の恋愛・婚活マッチングサイト☆マッチ・ドットコム」などがあります。

ただし、婚活サイトではトラブルもあるのでその点は気をつけたほうが良いでしょう。

ほかに古い方法ですが、文通なども良いかもしれません。

3.「普通の人(定型発達の人)のコミュニケーションを勉強する」

また、普通の人(定型発達の人)のコミュニケーションのやり方を勉強することも重要なようです。これはどうしても避けられないのかもしれません。

たとえば、人が多く集まる場所に行き、コミュニケーションのやり方を観察したり、本や映画などで勉強するなどの方法があります。

あるアスペルガーの人は、レストランやバーで人が交流するのを観察したそうです。

またほかに、恋愛の作法も勉強する必要があるかもしれません。女性への声のかけ方や、女性が興味を持っているのか、あるいはそうではないかを知る方法なども必要だと思います。

アスペルガー傾向のある人は普通の人がするような恋愛は難しい場合があります。自分の特性に合わせて、少し工夫したほうが良いのかもしれません。

参考記事:Dating and Autism: Free Tips

[amazonjs asin=”4487808251″ locale=”JP” title=”アスペルガーの男性が女性について知っておきたいこと”]

おすすめの就労移行支援
atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

ASD/自閉症/アスペルガー症候群
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました