ADHDの人は離婚しやすい?ADHDの人がいるカップルが陥りやすい関係が壊れるパターン

対人苦手リンク

ADHDの人は離婚する人が多いそうです。

実際にデータがあるかどうかはわかりませんが、定型発達の人よりも問題が起こりやすいことは確かのように思われます。

そこでADHDの人が陥りやすい関係が壊れるパターンを紹介します。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

1.「結婚すると態度が激変」

ADHDの人は恋愛中は「過集中」になることが多いそうです。恋愛中はパートナーを「世界の中心」のように扱い、愛します。

しかし、結婚するとその過集中がなくなるため、パートナーの態度が激変したように感じられるそうです。非ADHDの人はそれで置き去りにされたような感覚になるそうです。

しかし注意が必要なのは、これは必ずしも愛情がなくなったというわけではないということです。

2.「小言を繰り返す」

非ADHDの人は、ADHDのパートナーに対して小言を言うことが多いそうです。これはADHDのパートナーの注意散漫な行動などに対してです。

しかし、小言を言っても解決にはなりません。なぜなら、ADHDのパートナーはわざとそうしているのではなく、ADHDの症状でそうなっている可能性があるからです。

むしろ、小言を言うことで関係が悪化する可能性があります。

一番よいのは、パートナーがADHDの治療を受け、小言を小言だと思わなくなることだそうです。

3.「親と子どもの関係になる」

これは、非ADHDのパートナーが責任ある「親」になり、ADHDのあるパートナーが無責任な「子供」になるというパターンが多いようです。

このパターンは、ADHDのあるパートナーを信頼できなくなり、ADHDではないパートナーのほうが責任を一手に引き受けることから生まれることが多いようです。しかしこのような関係のパターンは問題を抱えることが多いそうです。

一番よいのはパートナーがADHDの治療を受け、パートナーとしての地位を回復することだそうです。

4.「家事分担の不平等」

ADHDのパートナーがいるカップルは、非ADHDのパートナーがより多くの家事をする傾向があるそうです。

そしてそうなると、非ADHDのパートナーはそれに不満を覚えるようになります。

参考記事:9 Ways ADHD Ruins Marriages

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ