栗原類さんのお母さんも発達障害と診断されていた

栗原類さんは発達障害であることを公表し、発達障害に関する本も出しています。

そんな栗原さんですが、実はお母さんも発達障害と診断されていたそうです。発達障害は遺伝とよく言われるので、確かにそうなのかもしれません。ただし類さんとお母さんとでは性格などが正反対だそうです。

母親も同時に発達障害と診断 栗原類が明かすルーツとは - ライブドアニュース
17歳で「ネガティブタレント」としてブレイク。その後、「発達障害」を告白したモデルの栗原類さん。「日本流の子育てに当てはまらないような、柔軟な育て方をしてくれた」という母・泉さんについて聞きました――。

実は母も、僕が診断されたと同時に発達障害(ADHD=注意欠陥多動性障害)の診断を受けています。ですが、母と僕の性格や特徴は正反対。

栗原類さんはこのお母さんのサポートで、障がいがあっても、仕事や社会生活をうまく乗り切ることができたようです。

僕はのんびりしていますが、母は逆で何事に対しても積極的。そういう母がサポートしてくれているからこそ、「仕事をしていくうえでのモチベーションが保てている」のだと思います。

栗原さんとお母さんを見ていると、発達障害の人には、周りにサポートしてくれる人のいることが大切だということがわかります。

また、発達障害といっても、人によってその特徴などは異なるのだということもわかります。親子でさえだいぶ違うようですからね。

[amazonjs asin=”4046017775″ locale=”JP” title=”発達障害の僕が 輝ける場所を みつけられた理由”]

おすすめの就労移行支援
atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

発達障害
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました