ADHDの遺伝的危険度の低い人は、人生がうまくいきやすい?

脳

最近の研究で、ADHDの遺伝的危険度(genetic risk)が低い人は、ADHDになる可能性が低いだけでなく、後の人生で予想される経済、健康、行動の結果も良いものになることがわかりました。

これは、ADHDの遺伝的危険度が高い人に見られる「負のライフイベント」から保護される可能性があることを示唆しています。

Adults with lower genetic risk for ADHD also reported, on average, higher IQs and educational attainments, shorter or no criminal records, lower body mass index...

簡単に言うと、ADHDでない人のほうが人生はうまくいきやすいということです。逆に言うと、ADHDの人は人生で悪いことを多く経験しやすいということでしょうか。

これは、『Psychological Medicine』誌に掲載された、ウィスコンシン大学の心理学教授ジェームズリー氏の研究「capture far more than just the risk and the absence of risk for a psychiatric outcome」です。

例えば、ADHDの遺伝的危険度が低い人は、IQと学歴が高く、犯罪歴が少なく、肥満度(BMI)が低く、うつ病の発症率が低いです。

正直、内容はある程度予想できそうですが、研究結果として出るとまた驚きます・・・。

via:Low genetic risk for ADHD may protect against negative life experiences


大人のADHD ――もっとも身近な発達障害 (ちくま新書)

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2