日本は発達障害者が多い国?その理由は?

世界的に見ると日本は発達障害の人の数が多い国になるようです。

天才と呼ばれる人は「発達障害」の傾向を指摘されることがある。海外ではエジソン、アインシュタイン、ビル・ゲイツ、スティーブ・ジョブズ。国内では楽天の三木谷浩史氏も…

国別の統計ではトップレベルになるそうです。

それでは、なぜ日本は発達障害の人が多いのでしょうか?

その理由の一つは日本の「空気を読む文化」だそうです。

文化の差があるかもしれません。同じADHDやASDでも、ほかの国では許容されるレベルが、日本では問題視されてしまう。日本は国家レベルで空気を読むことを国民に求める風潮があり、人々は互いに完璧を求めすぎているように思います

発達障害の人は空気が読めないとよく言われますので、空気を読むことが強く求められるような場所(日本)では問題視されることが多くなるでしょう。それが日本で発達障害者が多くなる理由と考えられるのかもしれません。

これは逆に言うと、空気を読むことが強く求められない場所であれば、空気が読めなくても問題視されることはないということです。

日本はハイコンテクストの社会

これは「ハイコンテクスト」と「ローコンテクスト」の話とも似ていると思います。

世界の国々は、「ハイコンテクスト」と「ローコンテクスト」の社会に分けられます。

ハイコンテクストの社会では、空気を読むことが強く求められます。言わなくてもわかること、察(さっ)することが重視されるのです。日本が典型ですね。

その一方で、ローコンテクストの社会では、空気を読むことはあまり求められません。言葉で何でも言い合いコミュニケーションをするのが特徴です。ヨーロッパやアメリカはローコンテクストの社会です。

そのため、日本で発達障害とされる人は、欧米のようなローコンテクストの社会に行けば、あまり問題視されず生きやすくなるのかもしれません・・・。

最も空気を読まない国はスイス

ちなみに、以下の記事にローコンテクストの国(最も空気を読まない国)のランキングがあります。アメリカが4位、ドイツが2位、そして1位はスイスです。発達障害の人が最も生きやすい国はスイスなのかもしれません。

「外国人のお友達がいたらいいな」と思っているみなさんは、案外多いのではないでしょうか?そう思って外国人と接する時に、覚えておくと良いことがひとつあります。それは、彼らは日本人ほど”察しない”ということ...

参考記事:なぜ日本は「発達障害大国」なのか 国別統計で常にトップレベルの理由


ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が上手に働くための本

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2