ゲームがADHDの薬に?新しい研究で明らかに

新しい研究で、「ゲーム」がADHDの子どもの注意力を改善できる可能性があることがわかりました。

これは今週に「The Lancet medical journal」に掲載された研究です。2017年に実施された試験の結果が基となっています。

'Digital medicine': Video games could improve attention levels in kids with ADHD, study suggests
“Digital medicine” in the form of a video game could improve attention levels in kids with attention-deficit hyperactivity disorder (ADHD), a new study suggests...
スポンサーリンク

試験内容

試験では、8から12歳のADHDの子ども348人が、タブレットで「AKL-TO1」というゲームを1日25分、週5日間プレイしました。

このゲームのユーザーは、コースを競い、障害物をかわし、報酬を獲得して次のレベルのプレイに進みます。これには、素早い反応時間と意思決定が必要で、プレイヤーのスキルに応じて難易度が上がります。

この試験を4週間行った後、参加した子どもたちのパフォーマンスに大幅な改善が見られました。

前頭前野の一部を対象

このゲーム「AKL-TO1」は、ボストンに本拠を置く「Akili Interactive Labs」によって製作されています。

https://www.dgincubation.co.jp/portfolio/akili-interactive-labs-inc-2/

AKL-TO1は認知制御を支える前頭前野の一部の改善を対象としています。この部分はADHDの人に欠陥があると考えられています。

日本の塩野義製薬と共同で臨床試験も行っています。

アプリで治療 普及前夜 ADHD・うつ…改善期待: 日本経済新聞
製薬各社がスマートフォンを活用した「デジタル治療」に乗り出す。塩野義製薬は2019年中に、発達障害の一種である注意欠陥多動性障害(ADHD)を治療するビデオゲームアプリの臨床試験(治験)を国内で始める。

これまでで最も信頼できる成果

研究者によると、ADHDの改善が期待できるゲームはこれまでにもいくつかありましたが、その中でも今回の実験による結果は、最も信頼できるものだそうです。

研究を続けていけば、数年後には医師が治療薬としてゲームを処方し、患者のADHDの症状を改善できる可能性もあるそうです。

さらに長い時間の研究が必要

ただし、このゲームをADHDの治療法として用いるのはまだ不十分で、さらに研究が必要とのことです。

via:’Digital medicine’: Video games could improve attention levels in kids with ADHD, study suggests


仕事&生活の「困った! 」がなくなる マンガでわかる 私って、ADHD脳!?

タイトルとURLをコピーしました