「グルテンフリー」はADHDの改善に効果的?

対人苦手リンク

グルテンフリーの食事をすると、ADHDが改善される可能性があるそうです。

グルテンは、小麦などに含まれるタンパク質のことです。小麦から作られる製品の多くにはグルテンが含まれていると言ってよいかもしれません。

パンやうどん、パスタなどグルテンが含まれる食べ物の代表でしょうか。

以下の記事によると、ADHDと診断された子どもの食事をグルテンフリーにしたところ、ADHDの症状が改善したそうです。グルテンを含まない食べ物を摂取するようにしたということですね。

「脳は『食べるもの』に敏感である」――30年以上、グルテンフリーの食事療法、つまりは穀類、炭水化物、糖質、脂質などの研究をしてきたアメリカの神経科医デイビッド・パールマター氏。氏は著書『「いつものパン」があなたを殺す』の中で、グルテンフリーはダイエットにただ効果があるわけではなく、ADHDをはじめとした「脳の機能」に驚...

私はS君にグルテン過敏症の簡単な検査を行ない、グリアジンという小麦タンパク質の一つに対する抗体の値を測定した。予想どおり、その値は正常と考えられている値より300パーセントも高かった。

私は母親に、グルテンフリーの食事を実践してほしいと説明した。

2週間半後、これ以上ない素晴らしい報告がやってきた。

幼稚園の先生から電話によると、S君の振る舞いが大幅に改善しているというのだ。実際、母親は息子が穏やかで対話しやすくなっていて、よく眠っていることに気づいた。薬によるものではなく、食事療法だけで大幅な改善につながったのである。

信じられないような話ですが、この記事を読む限り、グルテンフリーはADHDの改善に効果があると言えるのかもしれません。

記事によると、グルテンが引き越す「炎症」が体にさまざまな悪い影響を与えるようです。そして、その一つがADHDだそうです。

ちなみにこれを実践したのは、米国の神経科医のデイビッド・パールマターという人です。

ただし、統計的な検証などが行われているのかはわからないので、個別の事例だけではっきりと効果があると言ってしまっていいのかは少し疑問です。

しかし、食べ物とADHDの関係に関する記事は以前からいくつも見るので、もしかしたら何らかの関係があるのかもしれません。

もし興味のある人は、一度何日間かグルテンフリーの食事をしてみて、その効果を試してみると良いかもしれませんね。

スーパーなどでグルテンフリーの食材を入手するのはまだ難しいと思いますが、amazonなどではいくつか販売されています。こちらを利用しても良いかもしれません。

*いくつか調べたところ、このグルテンフリーの効果に関しては賛否両論あるようです。あくまで参考程度にしたほうがよいかもしれません・・・。

参考記事:ADHDを「グルテンフリー」で克服した子供たちの話

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2