HSPの人は最高のリーダーになる素質がある。その理由を紹介

こちらの記事によると、HSPの人は最高のリーダーになる可能性があります。

一見すると、HSPの人とリーダーという組み合わせは少し意外なようにも思えます。

そこで、なぜHSPの人はリーダーに向いているのか、その理由を紹介します。

スポンサーリンク

1.繊細さ(Subtleties)

HSPの人は、周囲で起こっているすべてのこと、特に他人が見逃しがちな部分によく気がつきます。

この周囲の環境に対する繊細さは、リーダーを務める上で非常に貴重となる能力です。

チームのメンバー1人1人に細かく目が行くということですね。

2.行動するよりも、行動の処理が得意

HSPの人は、行動を起こすよりも、受け取ったものを処理することを好みます。

自分の意見を押し通そうとし、周りのメンバーの言う事を聞かないといったことはありません。

そのため、チームのメンバーは不安を感じることなく、自由に意見を言えたり、行動できます。

3.共鳴力(resonance)

共鳴力のあるリーダーは、適切なタイミングで適切なことを言い、実行します。

これは、相手に深く共感し、対処を十分に行い、辛抱強く考えるというHSPの人の生来の能力によるものです。

まとめ

HSPの人はその生来の能力である、繊細さや、受け取った情報を処理する能力、共鳴力の3つの点で、リーダーの素質があります。

一見すると意外にも見えますが、HSPの人の特徴がうまく生かされるといいですね。

参考記事:Why Highly Sensitive People Make The Best Leaders, According To A Psychologist

おすすめの就労移行支援
就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました