ADHDの人は農業や酪農の仕事が向いている6の理由

対人苦手リンク

ADHDの人は、農業や酪農の仕事が向いているかもしれません。

実際、以下の記事などでも発達障害の人が働く農場が紹介されています。

12月特集は、「変わる障害者支援」。どうしたら障害のある人が“自己決定”できる社会を実現できるか?そのためにはどんな支援が必要か?シリーズで考えていきます。第3回は、誰でも自分の“一芸”が持てる農場で、少しずつ成長していく障害者たちの姿を伝えます。

そこで、ネットの情報や個人的な経験から、その理由をいくつか考えてみました。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

1.「1人で仕事ができる」

農業の仕事は1人でもくもくと行う仕事が多いと思います。

そのため、怒りっぽい上司や、気の合わない同僚と一緒にオフィスで仕事をすることはありません。

2.「外見を気にしなくて済む」

農業の仕事は外見を気にしなくて済みます。

動きやすい服装であれば何でも構わないでしょう。自然や動物が相手なので人の目も気になりません。

都会のオフィスで仕事をする場合、特に女性は外見を気にしなければならないでしょう。服を選んだり、化粧をしたりとやらなければいけないことがたくさんあります。

女性の中にはこれだけで疲れてしまう人もいるのではないでしょうか。

3.「時間をそれほど気にしなくて済む」

都会で会社勤めをしていると、毎朝遅刻しないように時間を気にしてあたふたするということがあるでしょう。

ADHDの人は時間管理が苦手だと言われますから、それに苦労する人も多いと思います。

しかし、農業の仕事は都会の会社勤めのようには時間を気にしなくて済むことが多いと思います。

4.「自然や動物のいる環境」

ADHDの人は自然の中にいると症状が和らぐという研究結果があるそうです

ADHDの人や、対人関係の苦手な人は、自然の中で過ごしたいと思う人も多いのではないでしょうか。 実際ADHDの人が自然の中で過...

自然の中にいると気持ちが落ち着くという人も多いのではないでしょうか。私もそうです。

また、動物は人間と違い批判をしませんし決めつけたりもしません。

人が苦手でも、自然や動物相手なら大丈夫という人も多いのではないでしょうか。

5.「決まった時間のリズムがある」

農業は自然が相手なので決まった時間のリズムがあります。

毎日やることは大きく違わないでしょう。

ADHDの人は、決まった時間のリズムがあることで生活が安定することがあるようです。

6.「体を動かすことができる」

運動はADHDの症状を改善するとよく言われます。

農業の仕事は自然と体を動かすことが多いと思うので、ADHDの症状が改善されることも多いのではないでしょうか。

まとめと感想

以上です。もちろん、農業や酪農の仕事にも大変なこと、辛いこともあると思います。仕事を探すの簡単ではないでしょうし、誰にでもできる仕事ではないでしょう。勉強しなければならないことも多いと思います。

また、田舎暮らしだと田舎の人間関係で苦労する人もいるかもしれません。

しかし、上にあげたさまざまな理由から、特にADHDの人にはメリットも多いように思えます。

また、そもそも、自然の中だと、ADHDという言葉自体があまり意味のないものとなるように思えます。というのは、ADHDの症状の多くは、社会や人間関係の中で生じるものだからです。

また、障がい者向けの求人情報サイト「障がい者求人紹介【ラルゴ高田馬場】」で仕事を探すこともできます。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ