メガネ型コンピュータ 「Google Glass」が自閉症の人の感情認識を助ける?

対人苦手リンク

自閉症の人は、人の感情を認識することが難しいと言われます。相手の表情から感情を読み取ったりすることが難しいようです。

しかし最近、「Google Glass」を使用した、自閉症の人の感情認識を助ける技術が開発されているようです。(「Google Glass」はGoogleが開発しているメガネ型コンピュータのことです。)

It teaches users to identify emotions

マサチューセッツ州ケンブリッジに本社を置く「Brain Power」という会社は、神経科学に基づいた拡張現実の「Empower Me」というシステムを開始したそうです。

このシステムは、自閉症の子どもや大人に社会的および認知的スキルを教えるデジタルコーチになるそうです。

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2

人工知能が人間の感情を教えてくれる

たとえば、こちらのシステムの「Emotion Charades」というアプリを使用すると、相手の感情を識別したり理解することができるようになるそうです。

利用者はこのアプリを使用して相手の顔を見るとその両側に絵文字が出てくるそうです。そして、ユーザーは相手の顔の表情から読み取れる感情とマッチする絵文字を選択します。

一方で、アプリは人工知能(AI)を使用し、音声や顔の傾きなどから実際の感情を判別します。

その結果、人工知能が判別した感情と自分が選択した感情を比べることができ、正しい感情の見分け方を学習できるようです。

Google Glassはまだ開発段階のようですが、とても多くの可能性を秘めたガジェットだと言えそうです。

参考記事:Google Glass returns as aid to autistic kids

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2
対人苦手リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ