メガネ型コンピュータ 「Google Glass」が自閉症の人の感情認識を助ける?

自閉症の人は、人の感情を認識することが難しいと言われます。相手の表情から感情を読み取ったりすることが難しいようです。

しかし最近、「Google Glass」を使用した、自閉症の人の感情認識を助ける技術が開発されているようです。(「Google Glass」はGoogleが開発しているメガネ型コンピュータのことです。)

Google Glass returns as aid to autistic kids
It teaches users to identify emotions

マサチューセッツ州ケンブリッジに本社を置く「Brain Power」という会社は、神経科学に基づいた拡張現実の「Empower Me」というシステムを開始したそうです。

このシステムは、自閉症の子どもや大人に社会的および認知的スキルを教えるデジタルコーチになるそうです。

スポンサーリンク

人工知能が人間の感情を教えてくれる

たとえば、こちらのシステムの「Emotion Charades」というアプリを使用すると、相手の感情を識別したり理解することができるようになるそうです。

利用者はこのアプリを使用して相手の顔を見るとその両側に絵文字が出てくるそうです。そして、ユーザーは相手の顔の表情から読み取れる感情とマッチする絵文字を選択します。

一方で、アプリは人工知能(AI)を使用し、音声や顔の傾きなどから実際の感情を判別します。

その結果、人工知能が判別した感情と自分が選択した感情を比べることができ、正しい感情の見分け方を学習できるようです。

Google Glassはまだ開発段階のようですが、とても多くの可能性を秘めたガジェットだと言えそうです。

参考記事:Google Glass returns as aid to autistic kids

おすすめの就労移行支援
atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

ASD/自閉症/アスペルガー症候群
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました