日本企業が「デジタル薬」の開発・販売権を取得

日本の大手製薬メーカーである塩野義製薬が、発達障害を「ゲーム」で治療できる、「デジタル薬」の開発、販売権を取得しました。

将来、ゲームで発達障害を治療できるようになるかもしれません。

発達障害をゲームで治療 塩野義、「デジタル薬」で米社と提携: 日本経済新聞
塩野義製薬は7日、発達障害をビデオゲームを通じて治療する「デジタル薬」と呼ばれるアプリの開発、販売権を米スタートアップ企業から取得したと発表した。臨床試験(治験)を経て、承認を得られれば日本や台湾で販売できるようになる。

塩野義製薬は7日、発達障害をビデオゲームを通じて治療する「デジタル薬」と呼ばれるアプリの開発、販売権を米スタートアップ企業から取得したと発表した。臨床試験(治験)を経て、承認を得られれば日本や台湾で販売できるようになる。

これは子供向けのアプリで、遊びながら発達障害の症状を改善できます。

子供向けで、スマートフォン(スマホ)で遊びながら脳を活性化させる。注意機能などが改善するという。

今後開発やテストが順調に進めば、実際に販売されるのでしょう。

こちらの薬は「デジタル」ですから、本物の薬と違って副作用もないですし、親御さんも安心して子供にすすめられると思います。

個人的には、「大人向け」のデジタル薬もほしいところです。もしかしたら、この先大人向けも開発されるのかもしれません。

ちなみに、中国の研究でもゲームが発達障害の改善に効果のあることが確認されており、スペインでも眼球運動を利用したゲームの開発が進められています。

どちらにしても、今後の動向に目が離せません。

参考記事:発達障害をゲームで治療 塩野義、「デジタル薬」で米社と提携


マインクラフト スターターコレクション|Windows 10|オンラインコード版

タイトルとURLをコピーしました