新しいADHD薬のダソトラリンが開発中止に

薬

新しいADHD治療薬として期待されていたダソトラリン開発中止になりました。

ダソトラリンは大日本住友製薬株式会社の子会社であるサノビオンが開発を進め、2017年にADHDの治療薬としてFDA(アメリカ食品医薬品局)に承認を申請しました。

しかし1年後、FDAはデータが不十分だとしてその申請を却下しました。同社はその後過食症の薬として申請を行い、2019年に承認されていました。

なぜ開発が中止になったのかはわかりませんが、同社は申請を行うにはさらなる研究が必要との声明を出しています。

新しい治療薬を期待していた人には残念なニュースですね。

参考記事:Sunovion ditches once-rejected ADHD, binge eating program


仕事&生活の「困った! 」がなくなる マンガでわかる 私って、ADHD脳!?

スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2
対人関係苦手レスポンシブル2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
googleスポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンク
対人関係苦手レスポンシブル2