ADHD

ADHD

ADHDの少女は10代で妊娠することが多い。台湾の研究で判明

台湾の新しい研究によると、ADHDを持つ10代の少女は、早期妊娠のリスクが高まることがわかりました。 しかし、ADHD治療薬を長期的に使用することで、10代での妊娠のリスクを減らすことができます。 これは、「Journa...
ADHD

ADHDの人が「午後の仕事のスランプ」に対処する方法

午後2時から4時の間、ADHDの人はよく、精神的にも肉体的にも感情的にも疲れてしまう午後のスランプを経験します。 もちろん、このようなスランプは、誰もがある程度経験していることでしょう。 しかし、ADHDの人の中には、ち...
ADHD

ADHDの新薬「AZSTARYS」をFDAが承認。早ければ2021年後半に米で販売へ

新しいADHDの治療薬「AZSTARYS」が、米国食品医薬品局 (FDA) から承認されました。 AZSTARYSは米国の製薬会社ケムファーム(KemPharm)が開発した薬で、6歳以上の注意欠陥多動性障害(ADHDまたはAD...
ADHD

ADHDの子どもはいじめの加害者・被害者になる可能性が高い。研究で明らかに

アメリカの研究によると、注意欠陥多動性障害(ADHDまたはADD)を持つ学齢期(6歳~15歳)の子どもは、いじめの加害者、いじめの被害者、またはその両方になる可能性が、非ADHDの子どもと比べて3倍から17倍多いことがわかりました。...
ADHD

【99%の正確性】脳の結合性をバイオマーカーにした機械学習でADHDの特定が可能に

機械学習により、99% の精度でADHDの診断が可能になるという研究結果が出ました。 これは、ニューヨーク・バッファロー大学による新しい研究で、脳の結合性(brain connectivity)をバイオマーカー(ある疾患の有無や、進行...
ADHD

ADHDの人はパートナーにADHDの人を選ぶことが多く、それがネガティブな影響を与える可能性がある。研究で明らかに

研究によると、ADHDの人は、自分と同じADHDの人に魅力を感じることが多く、パートナーにADHDの人を選ぶ傾向があります。 この自分と似た行動をする相手にひかれることを「同類交配(assortative mating)」と言...
ADHD

ADHDをテレビゲームで診断 研究者が提案

テレビゲームを使用してADHDの症状を特定し、不注意の重症度を評価することを提案する論文が『Brain Sciences』に最近発表されました。 この研究は、ヒメネスディアス財団病院(スペイン)の精神科ユニットと、ADHDと診...
ADHD

大学生向けの新しい認知行動療法プログラムがADHDの症状を軽減

『Journal of Attention Disorders』に掲載された研究によると、ADHDの大学生向けの新しい認知行動療法(CBT)プログラムが、不注意の症状などを効果的に軽減することがわかりました。 認知行動療法は、...
ADHD

ADHDの人は「糖尿病」になりやすい!?最新の研究で明らかに

最新の研究で、ADHDの人は糖尿病になるリスクが高いことがわかりました。 これは、糖尿病とADHDの関連性についての同様の研究を確認するための研究で、「 Journal of Diabetes」 に掲載されました。 研究によると...
ADHD

ADHDを持つ女性の有名人9人

ADHDの有名人というと男性がよく登場しますが、女性の有名人にもADHDの人がたくさんいます。 そこで、ADHDを持つ女性の有名人を紹介します。 1.エマ・ワトソン Mars Films - CC 表示 3.0, リ...
タイトルとURLをコピーしました