ADHDの人は「スリッパの脱ぎ方」が下手?空間認識能力に問題がある人が多い

ADHDの人は「空間認識能力」に問題のある人が多いそうです。

以下の記事でそれが指摘されています。

具体的には、「はさみの使い方やスリッパの脱ぎ方が下手」「コーヒーや紅茶に砂糖を入れるときに頻繁にこぼす」「自動車の運転中に車間距離が上手く取れない」などがあるそうです。

増加している大人のADHD。はさみが上手く使えない、車体をよく擦る等は要注意!? « ハーバー・ビジネス・オンライン
最近、ネット上でよく目につくようになったのが「大人のADHD」という言葉だ。ADHDは日本語では注意欠陥・多動性障害という名の病気だ。やや舌を噛みそうな単語だが、不注意、多動性、衝動性といった行動を…

「ADHDの人では、コーヒーや紅茶に砂糖を入れるときに頻繁にこぼしてしまう、はさみの使い方やスリッパの脱ぎ方が下手、自動車の運転中に車間距離が上手く取れずに追突事故を起こしやすい、頻繁に車体を擦るなど明らかに空間認識能力の問題があるケースは少なくありません」(工藤医師)

私もADHD傾向があるので、何となくわかります。

特に、「スリッパの脱ぎ方が下手」というのは心当たりがあります。スリッパがなかなか脱げなかったり、脱いだらどこかに飛んでしまったりということだと思います。

ただし、スリッパの脱ぎ方程度であればあまり問題ないですが、自動車事故を起こしやすいのは問題が大きいように思われます。

実際、ADHDの人は自動車事故に遭いやすいというデータもあります。

ADHDの若者は交通事故に遭いやすい?最新の研究で明らかに
最新の研究で、ADHDの若者は交通事故に遭う可能性が高いことがわかりました。 これは以前の別の研究結果を新たに裏付けるものです。 この研究は今月初めに医学誌「JAMA Pediatrics」で発表されたものです。 ...

ほかに、個人的にADHDの症状と関係あるのかなと思うのは、袋を開けたり、ヒモをほどいたりするのが苦手、というものです。

いつも変な風に袋を開けてしまったり、ヒモがなかなかほどけずしまいにはそのまま引きちぎってしまうことがよくあります。

これももしかしたら空間認識能力と関係しているのかもしれないと思いました。

参考記事:増加している大人のADHD。はさみが上手く使えない、車体をよく擦る等は要注意!?


「大人のADHD」のための片づけ力 (健康ライブラリー)

おすすめの就労移行支援
就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました