ADHDの若者は交通事故に遭いやすい?最新の研究で明らかに

救急車

最新の研究で、ADHDの若者は交通事故に遭う可能性が高いことがわかりました。

これは以前の別の研究結果を新たに裏付けるものです。

この研究は今月初めに医学誌「JAMA Pediatrics」で発表されたものです。

スポンサーリンク

研究は約1万8500人を対象に行われる

研究では、フィラデルフィアの病院に通う約1万8500人の患者を対象にして行われました。その中でADHDと診断されていたのは約2500人の患者で、年齢は16歳から25歳でした。

研究者は調査対象者の電子健康記録と州の運転記録、事故のデータ記録を調べました。

その結果、運転免許を持つADHDの若者は自動車事故に遭う割合が1.36倍多いことがわかりました。

ADHDの人は運転中に気が散りやすい?

専門家によると、ADHDの人は運転中に気が散りやすい傾向があります。

これが事故の原因の一つと考えられるのかもしれません。

また、これは1993年の研究を裏付けるものです。

1993年の研究では、ADHDの若者は事故に遭う確率が4倍多いことがわかりました。

リスク管理はできる

しかし、ADHDの若者の運転を心配しすぎる必要はないそうです。

研究者は、親が十分に子どもを指導し準備ができた時に運転免許証を取得するのをすすめています。

障害者の運転指導を行う専門家によると、コミュニケーションスキルや問題解決スキル、意思決定能力、判断力を持つことが大切だそうです。

まとめ

この研究結果はアメリカの10代の若者が対象なので、大人や日本の若者についてどうなのかはわかりません。

ただし、一般的にADHDの人は注意力が散漫になるとも言われていますから、運転中もそうなる可能性はもしかしたら高くなるのかもしれませんね。

一方で、ADHDの人は症状に自覚的なため定型発達の人よりも注意深くなる可能性もあります。

車がないと生活できない人もいるでしょうから、なかなか難しいと思います。

参考記事:Car Crashes More Likely Among Teens with ADHD


マンガでわかる 大人のADHDコントロールガイド

おすすめの就労移行支援
就労移行支援のCocorport

2021年3月時点で、首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開している就労移行支援です。事業所がたくさんあるので、通いやすいのがメリットです。

また、条件にかなえば、通所交通費・ランチの助成が受けられます。

500種類以上の多種多様なプログラムとともに、就職後の安定した職場定着を見据え、コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。

LITALICOワークス

LITALICOワークスは、「人間関係が苦手」「働いたことがない」「働く自信がない、怖い」という人におすすめの、就労移行支援です。

障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。

これまでに6,000名以上の方の就職をサポートしています。

atGPジョブトレIT・Web

障害のある人で、WEB・ITスキルを身に付けたい人におすすめの就労移行支援です。デジタルハリウッドと提携し、現役のWEBデザイナーから個別指導が受けられます。

特に、発達障害の人はWEB・ITの仕事に向いていると言われますので、発達障害でWEB・ITのスキルを身に付けたい人にもおすすめです。

ADHD
スポンサーリンク
taijinigateをフォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

対人関係苦手な人が生き延びる方法
タイトルとURLをコピーしました